統合失調症の治療に向けたアドバイス

病気について

こんにちは、ウッチーです。

僕は統合失調症になり8年が経っています。

発病してからは、2年ほど療養を続け、その後仕事を始めました。

そこで、ウッチーの治療遍歴をまとめてみました。

「統合失調症ってどんな感じで回復するの?」

このように考える方も多いでしょう。

本記事があなたの治療の参考になれば幸いです。

□統合失調症発病!

ウッチーが統合失調症になったのは、26歳の時です。

今、34歳(2020年1月現在)なので、8年前の話になります。

当時、僕は洋服店で働いており、忙しい日々を送っていました。

洋服店の仕事は主に接客であり、人と接するのが苦手な僕は、かなり苦痛な仕事生活を送っていたのです。

それにプラスして、少し社会不適合な所があり、なかなか仕事を覚えられずにいました。

合わない仕事を無理してやっていた感じだったのです。

そんな中、僕は奇妙な声を聴くようになり、幻聴に苦しめられました。

それでも、僕は医者にはいきませんでした。

「医者に行ったら負け!」

そのような変なプライドがあったのです。

その後、幻聴は酷くなり、さらに幻視を見るようになりました。

当時働いていた洋服店の上司が、僕の異常に気付き、精神科を勧めてくれたのです。

そこで、ようやくウッチーは精神科の門を叩きます。

同時に、そこで「統合失調症」と診断されます。

「人生終わった……」

そんな風に思いました。

それでも、受け入れるしかありません。

僕は3カ月間の間、精神病院の閉鎖病棟に入院し、療養を始めるのです。

□統合失調症の急性期(陽性症状)

統合失調症は、段階を経て回復していきます。

最初にぶつかる壁は、やはり陽性症状でしょう。

これは、激しい幻聴や幻視が現れる、非常に苦しい時間です。

ウッチーも入院中の初期の頃は、かなり幻聴が酷く、苦しめられました。

「四六時中、自分の行動を監視され、読み上げられている」

そんな奇妙な症状があったのです。

この時期は、かなり大量に薬を使っていたので、常にだるく、動けない状態が続きました。

最初の一カ月は、とにかく陽性症状が酷く、ただただ、苦しんでいたのです。

「こんなに苦しいなら死んだ方がいい」

「生きてる意味あるのかな?」

そんなことばかり考えていました。

ですが、安心してください。

統合失調症は確実に回復します。

ウッチーも地獄のような陽性症状を何とか潜り抜け、

少しずつ回復していったのです。

重要なのは、

「統合失調症の治療は少しずつ……」

と、いうことでしょう。

この病気は、薬を飲むからすぐによくなるわけではないのです。

そのため、じっくりと構えて治療に専念しましょう。

□退院後の生活(陰性症状)

薬を飲み始め、1カ月くらいすると陽性症状は治まります。

しかし、これで病気がよくなるわけではありません。

既に言ってありますが、

「この病気はゆっくりにしか回復しない」

これを肝に銘じましょう。

陽性症状が治ってくると、今度はその反動で陰性症状が出ます。

この症状は、とにかく無気力になる状態です。

ウッチーも陰性症状が酷かった時は、自宅で寝てばかりいました。

特に、僕は発病する前は一人暮らしをしていたのですが、それもできなくなりました。

実家に都落ちしたような感じで帰ってきて、絶望の中にいたのです。

「とにかく自分が情けない」

と、そんな風に考えていました。

しかし、何かをしようと思っても、身体が動いてくれないのです。

統合失調症の陰性症状は、結構長く続きます

人によって差があるのですが、

「ウッチーは1年くらいまともに動けませんでした」

この一見すると自堕落に見える状態も、回復には大切なのです。

そこで、焦らずじっくりと治療に当ててください。

結局、ウッチーは2年ほど療養に当てました。

そのようにして、地道に症状を回復させていったのです。

□デイケア⇒就労移行支援の事業所に通う

治療が進んでくると、自宅以外の居場所が欲しくなります。

ウッチーも図書館に行ったり、公園で体操したりしていましたが、

「それだけでは物足りなくなってくる」

そんな風に感じたら、次なるステップに進む時期です。

僕は医師に紹介されたデイケアに入所することになります

※デイケアについては、コチラの記事で詳しく解説しています。

最初は、デイケアに週2日通い、身体を少しずつ慣らしていきました。

さまざまなプログラムがあるので、それを受けて、じっくりと治療してきたのです。

ここでも重要なのは、

「治療はゆっくりペース! 決して焦ってはダメ」

これに尽きます。

ウッチーも焦るあまり、就職活動を始めてしまい、

全く上手くいかず、逆に自信を喪失する痛い過去があります

そのため、しっかり自分で症状がコントールでき、社会性が復活するまで、

就職活動をするべきではありません。

ウッチーはデイケアを選び、そこで半年間過ごしました。

結果的にこれが良かったと思います。

「デイケアで次なるステップのいい準備ができた」

これは確信しています。

そして、デイケアを卒業するのと同時に、就労移行支援の事業所に通うのです。

就労移行支援というのは、国がやっている就職支援の制度になります。

主に、障害を抱える方に向けたサービスで、就職に向けた準備ができるのです。

※就労移行支援の記事はコチラも参考にしてください。

ウッチーは就労移行支援の事業所に通い、3カ月ほど就職に向けた訓練をしました。

ビジネスマナー

●面接対策

●履歴書作成

このようなプログラムを受けて、就職に向けた準備をしたのです。

□ついに働く!就労継続支援A型

ウッチーは統合失調症になり、障害者になりました。

「障害者になると、差別されるんじゃ?」

僕も最初はそんな風に考えていましたが、

障害者になっても、基本的には変わりません。

むしろ、障害をオープンにした方が、自分をわかってもらえるのでプラスに働くケースさえあります。

ですから、統合失調症になったら、恥ずかしがらず障害者手帳を取得した方がいいでしょう。

そうした方が、受けられるサービスが格段に増えるのでオススメです。

ウッチーは、障害者手帳を持った専門の就職活動である、

障害者雇用」

で就職を決めました。

就労継続支援A型という制度を使って、就職するのです。

この制度は、実際に企業と雇用契約を結び、最低賃金が保証されるのです。

そのため、従来の福祉的就労に比べて、格段に働き甲斐があります。

僕は就労継続支援A型の事業所で、「WEBライティング」の仕事と出会います。

そして、WEBライターとして働き始めるのです。

□病気も寛解状態!フリーランスとして働く

「統合失調症は、長い時間をかければ必ず回復す!」

これは間違いありません。

僕も苦しい療養生活もありましたが、無事に回復しています。

長い戦いになるのですが、必ず回復するので安心しましょう。

統合失調症には、「寛解状態」という状態があります。

これは、薬を飲んでいる限りは、症状が出ないという状態です。

ウッチーは現在、寛解状態であり、薬を飲めば、何不自由なく暮らせます。

ここで重要なのが、

「薬は絶対止めてはダメ! しっかり飲み続けよう」

ということです。

ウッチーも過去、自己判断で薬を止めて、症状が再発した痛い過去があります。

ですから、薬は絶対にやめてはいけません

逆に言うと、薬を飲み続ければ、必ず回復するのです。

□回復はゆっくり焦らず治療を進めよう

「統合失調症の回復はゆっくり」

僕は、この病気になり、この事実を実感しています。

どうしても、多くの当事者は早く治したいあまり無理をしがちです。

しかし、無理をしても上手くいきません。

この病気は、少しずつ薄紙を剥がしていくように、回復していくのです

ですから、焦ってしまっても、逆に苦しむだけなのです。

長い期間を見る必要がありますが、必ず回復します。

僕も、

「本当に治るのかな?」

「このまま幻聴が消えなかったらどうしよう?」

そんな風に思い、人生を悲観しました。

けれど、今では症状も回復し、無事に働けるようになりました。

そんな僕が声を大にして言いたいのは、

「統合失調症は必ずよくなるから、焦らないで!」

これに尽きます。

今回は、ウッチーがどんな流れで回復していったのかを、時系列順に紹介しました。

療養中の方の良い希望になれば嬉しいです。

最後にもう一度、

「この病気は必ず回復する!だから諦めないで!!」

絶対に病気はよくなります。

それを信じて、地道に療養を続けていってください。

そして、この記事が統合失調に苦しむ方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました