統合失調症に似ているけれど実は違う病気をウッチーが解説

病気について

統合失調症と似ている病気があることを知っているでしょうか?

今回は――。

「統合失調症に似ているが、実は違う病気」

について、ウッチーが解説してきます。

統合失調症は100人に1人罹患する病気です。

そのため、決して珍しくはありません。

しかし、それでも統合失調症と似ている病気は結構あります。

ですので、それを確認していきましょう。

この記事が、統合失調症に関する情報を集めている方の参考になれば幸いです。

□少し難解!「統合失調症」は診断が難しい?

統合失調症は、すぐに「統合失調症」だと診断されるケースもあれば、そうでない場合もあります。

実は、最初はうつ病と診断され、その後「統合失調症」であると判明するケースもあるのです。

そして、統合失調症の診断は、ある国際的な規格があります。

それが――。

  • DSM-5
  • ICD-10

と、いうものです。

1つずつ見ていきましょう。

DSM-5とは?

DSMとは、アメリカの精神医学会か出版している、精神疾患を診断するための基準です。

正式な名前を「精神疾患の診断:統計マニュアル」と言います。

これを英語にすると、「Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders」と呼びます。

そして、この頭文字をとって、DSMと呼んでいるのです。

DSMはもともとアメリカで生まれたものです。

精神疾患の基本的な定義を示したものとして採用されています。

ただ、これは現在では国際的に利用されているのです。

もちろん、日本でも採用されています。

日本の精神医学会でも、精神疾患の診断に用いられます。

ちなみにDSN-5の「5」とは、第5版いう意味になります。

1952年にDSMに第1版が生まれ、その後、改訂を重ねて、2013年に第5版が出版されたのです。

ICD-10とは?

ICDとは、世界保健機関(WHO)が作成している病気の分類です。

これは、正式名称を「疾病及び関連保険問題の国際統計分類」と、言います。

そして、それを英語にすると――。

「International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems」

となり、その頭文字をとって、「ICD」と呼んでいます。

病因・死因を分類して、それを元に、統計データを作っていきます。

それを体系的に記録し、分析することで効果的な治療を目指す試みです。

ICD-10の「10」は版のことを指します。

ICDは1900年に第1版が出版されています。

その後、10年ごとに改訂を重ね、1990年に第10版が登場しました。

そして、2018年に30年振りの改訂版が登場し、ICDは第11版になりました。

現在は、ICD-10⇒ICD-11となり、最新の医学的な情報が反映されているのです。

ウッチー

基本的に、統合失調症の診断は、上記で紹介した診断方法を利用しています。

ですが、診断は難しく、統合失調症と似ている症状もたくさんあるのです。

それが――。

  • 短期精神病性障害
  • 統合失調様障害
  • 妄想性障害
  • 統合失調感情障害
  • 統合失調型パーソナリティ障害

などがあります。

これらは、統合失調症と似ている病気なのですが、厳密には違うようです。

1つずつ見ていきましょう。

□短期限定?「短期精神病障害」とはどんな病気?

短期精神病障害とは?

まずは、「短期精神病障害」という病気から見ていきましょう。

この病気は、統合失調症と似ている面があり、統合失調症の症状が出ます。

ただ、症状が短期なのです。

多くは、1日から1ヶ月程度となっており、持続しないのが特徴。

幻覚や妄想が多く、統合失調症に似ています。

しかし、思考の障害はあまり見られません。

突発的に起こることが多く、お薬を服薬しなくても治るケースが多いです。

通常は、再発しないのが一般的。

但し、短期精神病障害を起こした人の、約30%が3年以内に統合失調症を発症すると言われています。

短期精神病障害の原因とは?

短期精神病障害の原因は詳しくはわかっていません。

しかし、強いストレスが原因なのではないか? と、言われています。

実は、この病気は強いストレスにさらされると、起こりやすいようです。

ストレスが多い生活を送っている方は、特に要注意の病気と言えるでしょう。

□統合失調症の前兆?「統合失調様障害」について教えて

統合失調様障害とは?

次は、「統合失調様障害」を見ていきましょう。

この病気も、統合失調症と同じような症状が出ます。

つまり、「幻聴」「妄想」などです。

統合失調様障害は、統合失調症の症状が1ヶ月~6ヶ月続いた状態になります。

前項で紹介した、短期精神病障害が長くなると、診断されるケースが多いです。

ただ、症状が6ヶ月というのがポイント。

6ヶ月以上統合失調様障害が続くと、あらためて統合失調症と診断されます。

ウッチー

コチラの病気は、暫定的な診断としての意味あいが強くなっています。

統合失調様障害の原因とは?

統合失調様障害の原因もよくわかっていません。

ただ、短期精神病障害と同じで、ストレスが大きな要因なのでは? と言われています。

ストレスが原因で、短期精神病障害になり、その後統合失調様障害になるケースが多いです。

また、この症状が長く続くと、やがて統合失調症と診断されることになります。

□持続的な妄想状態「妄想性障害」について知ろう

妄想性障害とは?

続けて、「妄想性障害」についてみていきましょう。

妄想性障害とは、妄想が持続的に見られる状態です。

但し、統合失調症のように、「幻聴」「幻覚」などがありません。

あくまでも、「妄想」に限定化された症状となっています。

妄想が1ヶ月以上持続する障害です。

特徴は、妄想の内容が現実離れしていないことでしょう。

実生活でもありうる妄想をするのです。

例えば――。

  • 誰かに命を狙われている
  • 嫌がらせをされている
  • ある人に好意を寄せられている

などです。

また、妄想の種類によっていくつか分類されます。

もっとも典型的なタイプは「被害型」と言われています。

これは、自分が何らかの被害を受けるという妄想です。

統合失調症の妄想と違い、明快で論理的となっています。

さらに、被害のテーマがしっかりしているので、現実味があるのです。

妄想性障害の原因とは?

妄想性障害の原因は不明です。

ただ、この病気になる人は、次のような特徴があります。

それは――。

  • 疑い深い
  • 嫉妬深い
  • 秘密主義

などの特徴があります。

それ以外には、家族にも妄想性障害が見られる確率が多くなっているのです。

□うつ症状あり?「統合失調感情障害」はこんな病気

統合失調感情障害とは?

統合失調感情障害とは、統合失調症とうつ病が同時に起こる病気です。

大きく分けて3つあります。

それは――。

  • 統合失調感情障害 躁病型
  • 統合失調感情障害 うつ病型
  • 統合失調感情障害 混合型

この3つです。

それぞれ見ていきましょう。

統合失調感情障害 躁病型とは?

統合失調症と躁病の症状が両方出る病気です。

活力がみなぎり、過度に活動的になりやすくなる、躁病の症状が出ます。

それにプラスして統合失調症「幻聴」「妄想」などがあります。

統合失調感情障害 うつ病型とは?

統合失調症とうつ病の症状が両方出る病気です。

うつ病の症状である、絶望感や興味の減退などがあらわれます。

それにプラスして統合失調症の「幻聴」「妄想」などがあります。

統合失調感情障害 混合型とは?

統合失調症と、躁うつ病の症状が両方出る病気です。

躁状態になるとハイになり、うつ症状が出ると暗くなります。

また、統合失調症の症状である「幻聴」「妄想」なども発生するのです。

統合失調感情障害の原因とは

統合失調感情障害の原因は、詳しくはわかっていません。

但し、ストレスが原因という考えが強いようです。

特に青年期に発症することが多く、症状が出る前に強いストレスを抱えているケースが多くなっています。

また、家族の中に気分障害の方がいる場合も多いようです。

□似ているが違う「統合失調型パーソナリティ障害」を理解しよう

統合失調型パーソナリティ障害とは?

最後に紹介するのは、統合失調型パーソナリティ障害という病気です。

これは、「統合失調」という名前が入りますが、統合失調症とは別の病気になります。

統合失調型パーソナリティ障害は、主にこんな特徴があります。

  • 親密な関係に対する不信感
  • 関係を築く能力が低い
  • 認知・知覚が歪んでいる
  • 風変わりな行動

などの特徴です。

また、派手に現実から逸脱した考えを持ちます。

例えば――

  • 被害妄想的な疑い深さ
  • 非現実的な話題を好む

などです。

かなりおかしな思考を持ち、風変わりな行動で支配されています。

人間関係を築くのが苦手なので、孤独であるケースが多いです。

統合失調型パーソナリティ障害の原因とは?

統合失調型パーソナリティ障害の詳しい原因はわかっていません。

しかし、これまで紹介してきた病気に比べると、遺伝的な要素が強いようです。

統合失調症の遺伝的な要素があるのでは? と言われています。

また、統合失調型パーソナリティ障害は全人口の3%が罹患するといわれているのです。

統合失調症と遺伝の関係はコチラの記事で詳しく解説しています↓

□これで完璧!「統合失調症」に似ている病気をしっかり把握しよう

ウッチー

今回は、統合失調症に似ているけれど、実は違う病気を紹介しました。

統合失調症は、国際的な規格を元に診断されています。

ですが、なかなか診断が難しい病気でもあるようです。

そのため、似たような病気がたくさんあるのが特徴となっています。

本記事では、主に統合失調症に似ている病気を中心に紹介しました。

最後にまとめとして、この記事で紹介した病気を振り返っていきましょう。

  1. 統合失調症の診断方法
  2. 短期精神病障害
  3. 統合失調様障害
  4. 妄想性障害
  5. 統合失調感情障害
  6. 統合失調型パーソナリティ障害

この6つの内容でお届けしました。

最初は些細なきっかけでも、後々統合失調症になるケースもあります。

もしも、少しでも――。

  • 精神的に辛い
  • いつも気分がすぐれない

などの症状があるようであれば、クリニックを受診するようにしてください。

ウッチー

今回紹介した病気は、早期発見であれば回復も早くなっています。

もちろん、統合失調症も治療を開始するのが早いほど、治りも早いのです。

ですから、精神的な不調が続くようであれば、医師の診断を受けるといいでしょう。

今回の記事が、統合失調症に似た症状を抱えている方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました