何からすればいい? 自分に合った治療法を探す方法を伝授

病気について

こんにちは、ウッチーです。

「統合失調症の治療は色々あるけど、何が自分に合っているのかわからない」

と、こんな疑問を抱える当事者も多いようです。

結論からお話しすると――。

「自分に合った治療法を見つけるためには、実際に治療を受けないとわからないケースが多いです。ただ楽しいと思える治療をすると効果があります」

と、いうことが言えるでしょう。

統合失調症の治療法はたくさんあります。

しかしながら、自分に合った治療法を見つけるのは、意外と難しいのです。

そこで今回は、自分に合った治療法を見つけるための方法を、ウッチーが紹介!

自分の体験談をもとにお話ししていきます。

この記事が、自分に合った治療法を見つけたいと考える方の、参考になれば幸いです。

本記事はこんな人にオススメ

  • 自分に合った治療法を見つけたいと思っている方
  • どんな治療法があるのか調べている方

□統合失調症の治療の基本は薬物療法

統合失調症の治療の基本は薬物療法です。

これは、抗精神病薬というお薬を使って治療を進める方法。

統合失調症は、脳内物質であるドーパミンが過剰に分泌されると、「幻覚」「妄想」などが発生しやすいです。

ですから、抗精神病薬を服薬して、この症状を抑えるのです。

同時に、お薬を使わないと、どうしても治療効果は上がりません。

よって、しっかりと処方されたお薬を飲むようにしましょう。

しかしながら、自分に合ったお薬を見つけるのもまたしんどいです。

実を言うと、統合失調症のお薬は、20種類以上あります。

その中には、自分に合わず、副作用が出てしまって苦労するケースもあるでしょう。

ですが、数多くのお薬が登場しているので、自分に合った薬は必ず見つかります。

では、どうすれば、自分に合ったお薬が見つかるのでしょうか?

詳しくは次のポイントを抑えるといいでしょう。

  1. 副作用がない 
  2. しっかりと症状を抑える 
  3. 活動性がそこまで低下しない

お薬を見分けるポイント① 副作用がない

統合失調症のお薬には副作用があります。

副作用は色々ありますが、カラダがふるえたり、こわばったりするなど、不快な症状が多いです。

統合失調症のお薬とは長い付き合いになるので、副作用が出ないお薬を選択する必要があるでしょう。

但し、副作用はお薬を飲み続けていると、消えるケースもあります。

ですから、しばらく様子を見るために、服薬を続ける姿勢も重要。

自分の状況をよく見ながら、副作用が出ないかどうか確認するといいでしょう。

副作用についてはコチラの記事で詳しく解説しています↓

お薬を見分けるポイント② しっかりと症状を抑える

統合失調症には――。

  • 「幻覚」「妄想」などが生じる陽性症状
  • 「無気力」「感情の鈍化」などが生じる陰性症状
  • 認知機能の低下

などの症状があります。

ですので、この症状をしっかりと抑えてくれるお薬が望ましいです。

例えば、陽性症状には効果があっても、陰性症状にはあまり効かないというケースもあります。

その時は、医師に相談して、増量したり、別のお薬を試したりする必要があるでしょう。

お薬を見分けるポイント③ 活動性が低下しない

抗精神病薬は、脳の機能を落ち着かせます。

ですから、場合によっては、過剰に鎮静化してしまうのです。

そうなると、カラダがだるくなり、しんどくなって動くのが億劫になります。

活動性は、特に仕事を始める時に重要なポイントになります。

活動性があまりに低下してしまうと、仕事にも支障が出てしまうでしょう。

飲み始めの頃は、症状を抑えるために、量が多いですが、慣れてきたら、維持量まで落として、なるべく活動性が低下しないように工夫してください。

また、あまりに活動性が低下してしまうお薬は避けた方がいいでしょう。

□並行してリハビリを行うと治療効果が上がる

統合失調症の治療の基本は、薬物療法とお話ししました。

しかしながら、お薬ですべてよくなるかといったらそうでもないのです。

実は、薬物療法と並行して、リハビリを取り入れると、相乗効果で回復が進みます。

リハビリの数はたくさんあります。

そうなると、どんなリハビリを選べばいいのか迷ってしまいますよね?

基本的に――。

「楽しんでできるところがポイントになる」

と、いう風に言えるでしょう。

リハビリは即効性がある治療方法ではありません。

最低でも、3ヶ月くらいは続けないと、治療効果が出てこないのです。

したがって、あまり気が向かないリハビリをすると、イヤになってしまいます。

続けていくのが一番大切なので、自分が楽しいと思えるリハビリをするといいでしょう。

具体的には次のようなリハビリがあります。

  • SST 
  • 作業療法 
  • 認知行動療法 
  • 心理教育

など幅広くあります。

多くのクリニックでリハビリをやっていますが、最初はデイケアに通うといいでしょう。

デイケアというのは、精神疾患を抱えた方に向けた、日帰りのリハビリサービスです。

デイケアでは、多くのプログラムが展開されているので、自分に合った治療法(リハビリ)が見つけるでしょう。

デイケアについては、コチラの記事で詳しく解説しています↓

□ウッチーは楽しんでできる治療法を選んできた

ウッチーも数多くの治療法を試してきました。

その結果思うのは、自分に合った治療法というのは――。

「自分がやっていて楽しいかどうか?」

これに尽きると感じます。

色々な治療方法を試してきましたが、中には苦手だなと思うものもありました。

例えば――。

  • 園芸作業 
  • 麻雀

などは、ウッチーは苦手でした。

これらも統合失調症のリハビリとしては割とメジャーなのですが、あまり楽しめなかったので、そういうのはやりませんでした。

その代わり、自分が楽しいなと思う治療法は、かなり積極的にやってきたのです。

例えば――。

  • 絵を描く 
  • 文章を書く 
  • ダンスをする

これらはやっていて楽しかったので、ずっと続けてきました。

好きなプログラムを見定めて、それを継続してやっていくと、いつの間にはそれが自分に合った治療法になると感じます。

ウッチー

余談ですが、ウッチーはデイケアで文章を書き始め、そこからWEBライターの仕事へ繋げました。

ですので、治療方法から発展して、それが仕事につながるケースもあるのです。

つまり、とりあえず色々やってみて、自分に合った治療法だけをやっていけば問題ないと感じます。

□自分に合った治療法を見つけ回復を早めましょう

今回は、自分に合った治療法の見つけ方をまとめました。

統合失調症では――。

  • 薬物療法
  • リハビリ

などを上手く組み合わせて取り入れると、治療効果が上がるでしょう。

最後にまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきます。

  1. 統合失調症の治療の基本は薬物療法 
  2. 並行してリハビリを行うと治療効果が上がる 
  3. ウッチーは楽しんでできる治療法を選んできた

以上3つの内容でお届けしました。

まずは、自分に合ったお薬を見つけましょう。

お薬の数はかなりありますので、どこかに自分に合ったものがあるはずです。

見つけるまでが大変ですが、ポイントをまとめたので参考にしてみてください。

続けてリハビリもしていきましょう。

リハビリのポイントは自分が楽しめるかどうかです。

楽しいと思えるリハビリをすると、長く続けられますし、ストレスの発散にもつながります。

自分に合った治療方法を見つけるためにも、ぜひ、この記事を参考してみてくださいね。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました