統合失調症の陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目についての情報をまとめました

統合失調症のコラム

こんにちは、ウッチーです。

今回は、陽性症状評価尺度(SAPS)という評価ツールをご紹介します。

あまり聞き馴染みのない言葉ですが、陽性症状のレベルを測るのに、重要な評価ツールです。

陽性症状評価尺度(SAPS)については、あまり情報がありませんので、今回調査して、1つの記事にしてまとめました。

この記事が、陽性症状評価尺度(SAPS)について調べている方の参考になれば幸いです。

本記事はこんな人にオススメ

  • 陽性症状評価尺度(SAPS)について調べている方 
  • 統合失調症の陽性症状はどんな風に評価されるのか気になる方

□一体何?「陽性症状評価尺度(SAPS)」とは?

統合失調症には、陽性症状という状態があります。

これは主に、「幻覚」「妄想」などが発生する症状になります。

統合失調症の陽性症状は、急性期に発生するケースが多いです。

この時期は、特に消耗し、患者さんは苦労します。

そして、そんな陽性症状を評価する基準みたいなものがあります。

それが――。

「陽性症状評価尺度(SAPS)」

という評価基準です。

まずは、この評価基準とはどんなものなのか見ていきましょう。

陽性症状評価尺度(SAPS)とは?

陽性症状評価尺度(SAPS)とは、文字通り陽性症状のレベルを判定する評価ツールみたいなものです。

一般の方にはあまり浸透しませんが、医療者の間では、使われている評価ツールになります。

陽性症状評価尺度(SAPS)はどんな風にして評価されるのでしょうか?

コチラについてみていきましょう。

陽性症状評価尺度(SAPS)は主に5つの項目があり、それに合わせて陽性症状の度合いが評価されます。

それは――。

  • 幻覚
  • 妄想
  • 奇異な行動
  • 陽性の思考形式障害
  • 場にそぐわない感情

この5つの内容で評価されます。

それぞれ見ていきましょう。

陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目① 幻覚

統合失調症の陽性症状で多いのは、幻覚という症状です。

陽性症状評価尺度(SAPS)でも幻覚は症状の具合を測るために評価されます。

幻覚は主に――。

  1. 幻聴
  2. 注釈幻声
  3. 会話性幻声
  4. 身体幻覚・幻触
  5. 幻嗅
  6. 幻視
  7. 幻覚の総合重症度

などが評価項目としてあります。

統合失調症の幻覚では、主に幻聴が多いです。

そのため、幻聴は陽性症状を測るための基準になりやすくなっています。

それ以外にも、幻触、幻嗅、幻視なども評価尺度の項目になっているのです。

陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目② 妄想

統合失調症の症状では、妄想もかなり多いです。

ですから、陽性症状評価尺度(SAPS)では妄想も症状の指標の1つとして評価されます。

妄想はかなりの種類があります。

例えば――。

  1. 被害妄想
  2. 嫉妬妄想
  3. 罪業・罪責妄想
  4. 誇大妄想
  5. 宗教妄想
  6. 身体妄想
  7. 関係念慮・関係妄想
  8. 影響妄想
  9. 考想察知
  10. 考想伝播
  11. 考想吹入
  12. 思考奪取
  13. 妄想の総合重症度

この13の項目で評価されていきます。

統合失調症の妄想では、被害妄想や、誇大妄想などが多いです。

よって、そのあたりの妄想を評価され、症状の度合いを測っていきます。

陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目 奇異な行動

統合失調症の陽性症状では、幻覚や妄想に取りつかれます。

ですから、必然的に行動がおかしくなり、奇異な行動を取るようになるのです。

そして、陽性症状評価尺度(SAPS)では、この奇異な行動も評価の対象になります。

例えば――。

  1. 衣服と外観
  2. 社会的・性的行動
  3. 攻撃的・焦燥的行動
  4. 反復的または常同的行動
  5. 奇異な行動の総合重症度

この5つで評価されます。

特に多いのは、衣服に気を使わなくなるということではないでしょうか?

外観に気をつけなくなり、不潔になりやすくなります。

また、暴力的な言動が見られる場合も、陽性症状の影響が強いです。

この点も、奇異な行動として評価されるようになっています。

陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目④ 陽性の思考形式障害

陽性症状では思考がおかしくなりがちです。

話の内容に一貫性がなく、回りくどくなります。

ですから、聞いている方な何が言いたいのかわからなくなるのです。

また、このような陽性の思考形式障害も評価される項目の1つです。

例えば――。

  1. 話題の脱線(連合弛緩)
  2. 的外れな応答
  3. 支離滅裂(言葉のサラダ、統合失調言語症)
  4. 非論理性
  5. 迂遠
  6. 会話の促迫
  7. 注意転導性会話
  8. 音韻固執
  9. 陽性の思考形式障害の総合評価

など、9の項目で評価されます。

特に多いのは、話の脱線や思考迂遠などの症状です。

このような症状が出ると、会話が成立しなくなるので、陽性症状評価尺度(SAPS)は陽性症状を測るために重要になってきます。

陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目⑤ 場にそぐわない感情

統合失調症になると、場にそぐわない感情が出る場合があります。

例えば、お葬式なのに笑ってしまったり、他人にはかなりおかしく映ります。

このような症状も、陽性症状の影響が強いです。

よって、陽性症状評価尺度(SAPS)でも評価される項目としてあります。

陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目は以上のようなものがあります。

基本的に、統合失調症では、陽性症状の方が変動が激しいです。

ですので、陽性症状評価尺度(SAPS)のような、統合失調症の陽性症状を測る指標は、とても有効になっていきます。

このような評価ツールがあるからこそ、治療方針が決められ、薬物療法が効果的になるのです。

□陽性症状評価尺度(SAPS)は統合失調症の症状を測るのに重要です

今回は、陽性症状評価尺度(SAPS)についてご紹介しました。

統合失調症の陽性症状を測る尺度としてとても有効な指標です。

最後のまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきましょう。

  1. 陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目① 幻覚 
  2. 陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目② 妄想 
  3. 陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目③ 奇異な行動 
  4. 陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目④ 陽性の思考形式障害 
  5. 陽性症状評価尺度(SAPS)の評価項目⑤ 場にそぐわない感情

以上5つの評価項目をまとめました。

SAPSについては、あまり情報が多くありません。

そこで、今回リサーチして1つの記事にしてまとめました。

この記事が、陽性症状評価尺度(SAPS)について調べている方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました