統合失調症になると「保険」に入るのは難しいのか検証してみた

家族に知ってもらいたいこと

こんにちは、ウッチーです。

「統合失調症なんだけど、保険は入れるの?」

という悩みを聞くことがあります。

結論からお話しすると、

「統合失調症でも保険に入れます」

この点は安心して大丈夫です。

それでも、普通の保険に入れるわけではありません。

普通というのを定義するのは面倒ですが、一般的なサラリーマンが加入するような保険には、統合失調症の患者はなかなか入れないようです。

今回は、「統合失調症」「保険」にスポットを当て、ウッチーなりのお話をしていきます。

この記事が、統合失調症になり、保険を検討している方の参考になれば幸いです。

□そもそも統合失調症は保険に入れるの?

既に述べていますが、

「統合失調症でも保険に入れます」

ですから、入りたい人は保険の加入を検討するといいでしょう。

しかしながら、統合失調症をはじめとする精神疾患がある方の場合、生命保険や医療保険には入りにくくなっています。

それでも、統合失調症でも入れる保険は存在するのです。

実を言うと、ウッチーはかつて生命保険に入ろうとして、保険の窓口に行った経験があります。

その時は、いわゆる普通のサラリーマンが入るような生命保険に入ろうとしたのですが、それができませんでした。

その代わり、提案されたのが次の保険です。

  • 引受基準緩和型保険
  • 無選択型保険

この2つです。

どうやら、普通の保険は難しいようですが、限定的に入れる保険は存在するようです。

ウッチーなりに調べてみたので、一緒に確認していきましょう。

引受基準緩和型保険とは

この保険は、簡単に言うと保険に入ろうとしている人の健康状態に関する条件を緩くしているのが特徴です。

通常の保険にあるような引受条件が緩く、告知する項目が少なくなっています。

ですから、統合失調症になっても入れます。

しかしながら、問題もあります。

その問題とは、

  • 保険料が割高になる
  • 保障内容が充実していない

です。

このような問題があるため、自分の希望に叶う保険を探すのは結構面倒です。

どうしても保険に入る場合は、色々な生命保険会社の資料を見比べるといいでしょう。

保険を探している方は、コチラをチェック↓

最近人気の保険の比較相談『FP無料相談』は今すぐコチラ!

ウッチーは、保障内容があまりよくなく、さらに保険料が高かったので加入するのを止めました。

無選択型保険とは

この保険は、健康状態に関係なく入れます。

告知や医師の診査がなくても入れるのが特徴です。

ただ、コチラも問題があります。

それは、

  • 保険料が高額
  • 保障内容が制限されている
  • 職業や年収で入れない場合もあり

保険料が高額になり、保障内容が制限されるだけでなく、職業がしっかりしていないと入れません。

ウッチーはWEBライターをしており、収入が不安定なので、入れませんでした。

コチラの保険に加入する場合は、ある程度働いていないと難しいようです。

各保険の比較

  一般的な保険 引受基準緩和型保険 無選択型保険
保険料 安い 割高 高い
告知の有無 必要 限定的 不要
保障範囲 広い やや限定的 限定的

と、このような感じになります。

一番は、引受基準緩和型保険がいい感じがしますが、やはり保険料は高めです。

□統合失調症でも入れる保険の費用が知りたい

保険料は入る保険によって差が出ます。

ですが、ウッチーが調べた感じでは、大体月に3,000~4,000円前後かかるようです。

既に説明していますが、緩和型や無選択型保険なら入れる可能性があります。

ただ、これにもいくつか条件があります。

多いのが、

  • 過去2年以内に入院や手術をうけたことがありますか?
  • 過去5年以内統合失調症と診断されたことがありますか?

などと聞かれます。

このような条件があるような場合が多いので、保険料が安くて、尚且つ病気があっても入れるところは注意が必要です。

基本的に、月額1,000~2,000円台のところは、持病があっても入れると謳っている割に、統合失調症に関する条件が意外と厳しく、すんなり入れない所が多かった印象があります。

ですから、統合失調症で保険に入る場合は、保険料を上げて、保険に入るしか選択肢がないのです。

また、保険料が高額な割に、保障内容がよくなかったりするので、この点は、保険会社の担当者としっかり話をする必要があります。

保険の話が聞きたいならコチラもチェック!

ご自身の都合に合わせて、日時場所を選べまる。保険の無料相談なら『FP無料相談』はコチラ

□どうして統合失調症だと保険に入りにくいの?

統合失調症でも生命保険や医療保険に入れますが、意外と条件が厳しく、尚且つ保険料が高かったりします。

これは、一体なぜなのでしょうか?

その理由をこれから説明します。

保険の仕組みを簡単に説明すると、「相互扶助」の関係になります。

これは、加入者たちがお金を出し合って、いざという時にそのお金を使って助けるという仕組みです。

この枠組みの中に、よくケガをする人がいたら? と考えてください。

そうなると、ケガばかりしている人が補償を受け、そうでない人は損をしていします。

ですから、ケガや病気をする可能性が高い人は、生命保険や医療保険の加入を拒否されてしまうのです。

統合失調症は、場合によっては、症状が悪化し、入院するケースもあります。

そんなリスクを抱えているので、保険の加入が難しいです。

もちろん、そのような方でも入れる保険は存在します。

しかしながら、誰でも入れる保険は、保険料が高く、更に保障内容も充実していません。

ですから、保険に入る場合は、よく考えないとならないのです。

□保険には告知義務がある

生命保険や医療保険には、健康状態や過去の病歴を告知する義務があるのです。

これは、絶対に守らなければなりません。

例えば、こんなことが聞かれます。

  • 最近3カ月以内に入院・手術・検査を勧められたことがありますか?
  • 過去2年以内に入院したこと、または手術を受けたことがありますか?
  • 過去5年以内に統合失調症と診断されたことがありますか?

などです。

原則、全て「いいえ」でないと保険には入れません。

では、告知義務を違反したらどうなるのでしょうか?

告知義務を違反した場合

この告知で嘘をつくと、告知義務違反となります。

つまり、保険金を受け取れないのです。

また、保険会社から契約を解除されてしまうでしょう。

通院歴についても聞かれるケースがあります。

この場合、5年以内に通院していないことが条件です。

ですが、統合失調症になると、必ず通院します。

そのため、この条件に引っ掛かってしまうケースが多いようです。

なぜ、5年以内の状況を聞くのかというと、医療機関のカルテの保存義務が5年間だからです。

統合失調症ではありえないですが、仮に病気が完治して5年以上通院していなければ、通常の保険にも入ることができるでしょう。

ただ、統合失調症は通院が必要な病気です。

しっかりと通院の告知をして、嘘をつかないようにしましょう。

□ウッチーは保険に入っているの?

ここまで、保険の説明をしてきましたが、ウッチーは保険に入っているのでしょうか?

結論からお話しすると、

「ウッチーは保険に入っていません」

また、特に保険に入る必要性を感じていません。

僕が保険に入らない理由をこれから説明します。

  • 保険料が高い割に保障内容がよくない
  • 経済的な負担になる

この理由が大きな点です。

1つずつ見ていきましょう。

保険料が高い割に保障内容がよくない

統合失調症で保険は、割高の引受基準緩和型保険や無選択型保険しかありません。

そして、その保険の多くは、入院費が1日5000円まで支払われ、さらに60日とか期間があります。

統合失調症の入院は、1日5000円じゃ済みませんし、さらに3カ月など長期の入院になります。

ですので、保険の補償自体があまり機能しないのです。

そのため、ウッチーは保険に入っていません

経済的な負担となる

ウッチーは主にWEBライターの原稿料と障害年金で生計を立てています。

そうなると、月々130,000~140,000前後の収入なのです。

ですから、必然的に保険に回せるお金は少なくなります。

また、日本は社会保障が充実しているので、精神科の医療費などは、自立支援医療制度などを使えば何とかなります。

そのため、わざわざ高額の保険に入る意味を感じないので、保険に入るのは止めました。

自立支援医療制度に関しては、コチラの記事をチェックしてください。

□保険はよく考えて加入しよう

今回は「統合失調症」「保険」についての情報をお届けしました。

繰り返しになりますが、

「統合失調症でも保険には入れます」

ですので、この点は安心して大丈夫です。

しかしながら、その保険が充実しているかと言うと、なかなか難しい面があります。

また、保険料も高額になりやすいので、経済的な負担になってしまうケースもあるでしょう。

ウッチーは、保険に入っていませんが、それは経済的な理由や、保障内容があまりよくないためです。

それでも、未来のために保険に入りたい方もいるでしょう。

そんな時は、保険会社のマネーコンシェルジュに相談するといいです。

保険に対する的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

ウッチーも実際に、保険会社の担当者と会って話を聞いてから、保険を検討しました。

その上で、保険の加入を見送ったのです。

ですから、最初から保険には入らないと決めるのではなく、まずは相談してみると効果的。

お金の専門家と呼ばれるFP(ファイナンシャルプランナー)と相談すれば、もしかすると、いい保険に巡り合えるかもしれません。

関東近郊の方限定ですが、保険の相談窓口を紹介するので、併せて参考にしてみて下さい。

統合失調症でも保険に入りたい方は、コチラで相談してみましょう↓

お金のコンシェルジュと言われる専門のFP(ファイナンシャルプランナー)が、
あなたのライフプランに合った保険をご提案

本記事が、統合失調症だけど保険に入りたい方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました