ウッチーも体験! 統合失調症に有効な「集団精神療法」の注目点を語る

就職・サービス・治療法について

こんにちは、ウッチーです。

「集団精神療法ってよく聞くけど、どんな治療法なの?」

と、こんな疑問を抱える当事者が多いです。

結論からお話しすると――。

「集団精神療法は、現在の精神医療の重要な治療法の1つ」

です。

ウッチー

ウッチーは主に、入院中にこの治療法を受けてきました。

その結果、確かな効果があったと感じているので、この記事で紹介します。

統合失調症を抱える当事者たちが、話し合って1つの問題を解決していく。

これだけで、治療効果が上がっていくと感じました。

今回は、注目の治療法「集団精神療法」を紹介します。

自身の体験をもとにお話しするので、きっと何かのヒントになるはず!

この記事が、集団精神療法について調べている方の参考になれば幸いです。

本記事はこんな人にオススメ

  • 集団精神療法を調べている方 
  • 療養中で孤独を感じている方 
  • 統合失調症の治療を効果的に進めたい方

□ここを抑えて!「集団精神療法」って一体何?

みなさんは「集団精神療法」という治療法を知っているでしょうか?

統合失調症の治療法で調べていると、このフレーズをよく聞きます。

まずは、「集団精神療法」について簡単に説明していくので確認しましょう。

「集団精神療法」とは?

集団精神療法は、複数の患者さんが集まって、それぞれが抱える悩みや、考えなどを話し合っていくという治療法です。

これを行うと、自分の心の問題を、客観的に見られるようになります。

また、それ以外にも、困難な状況を乗り越える方法が身につきます。

大体、こんな感じの治療方法です。

  • 心の問題を客観的に見る 
  • 悩みを共有し話し合う 
  • 困難を乗り越える技能を身につける

このようなポイントがあります。

集団の中に入り、自分の考えを述べていくのが特長になっています。

ですので、自分の考えの他にも他人の考えも聞くことができるのです。

こうなると、自分の感じ方や、反応の仕方を知れるでしょう。

また、同じ悩みを共有するので、孤独感を緩和することができます。

□「集団精神療法」はどんな感じで治療を進めるの?

集団精神療法は、患者さんのグループと、数名の治療者を加えて行います。

ウッチー

ウッチーが実際に体験した集団精神療法を例に出し、説明していきます。

1.集団精神療法の人物構成

一般的に20名程度のグループを作ってコミュニケーションをとります。

ですが、少ないケースも大丈夫です。

その場合は、数名の少人数で行うケースもあります。

全員で輪になって座り、参加者はいつでも席に着いたり立ったりできるのです。

2.集団精神療法の時間

ウッチー

ウッチーが受けた集団精神療法は、30分くらいでした。

しかし、多くの施設では40分前後というのは標準のようです。

治療者の人が、定時に開始して、定時に終了させます。

3.集団精神療法の内容

多くはテーマなしで話し合います。

自由に話をしていくことで、自分の考えを発言し、他人の言葉に耳を傾けます。

必要に応じて治療者の方が、話に入ってくることもあるのです。

4.集団精神療法の終わり方

終了した後、治療者の人が、話し合った内容を検討し、話し合います。

これは、一般的に「review(レビュー)」と言われているようです。

基本的に、ココで紹介した1~4の流れで進んでいきます。

□ウッチーが体験した「集団精神療法」とは?

ウッチー

ウッチーは主に、入院中に「集団精神療法」を受けてきました。

統合失調症の入院は、このように患者さん同士で話し合う場が設けられているのです。

ある時話し合った内容をここで紹介します。

集団精神療法はテーマが特に決まっていません。

ですから、患者さんがどんな悩みを抱えているのか、会話の中で感じ取っていきます。

ある日、入院中の食事で悩んでいる患者さんがいました。

この患者さんは、入院中で消費カロリーが少ないのに、普通の食事をしていたら太ってしまうのではないか? と考えていたのです。

実を言うと、ウッチーが入院していた病院は、1日2200Kcalくらいの食事が出ていました。

ですから、入院中に特に体を動かさないと、太ってしまうと考える方がいても不思議ではありません。

ウッチー

ウッチーも、確かにカロリーの摂り過ぎだなと感じていたのです。

そして、入院中の食事をテーマにして、みんなで話し合いました。

意外と多くの方が共感しており、みなさん太るのはイヤと回答されたのです。

その結果――。

  • 病棟で筋トレする
  • 散歩の時間にカラダを動かす
  • おやつなどを食べないようにする

などの解決策が提案されました。

色んな人が、太らないためにカラダを動かした方がいいと発言したのです。

そして、散歩の時間に体操したりすれば、カロリーの消費につながるのではないか? という方向でまとまりました。

一人で考えていても、ここまで具体的な解決策は見つかりません。

しかし、集団で悩みを共有し、他者の発言を聞いていくことで、みんなで解決策が見つけられるのです。

集団精神療法をすれば――

  • 自分では見つけられない解決策がわかる
  • 悩みの共有ができるので孤独感が薄らぐ

など、治療にも前向きになれるでしょう。

□「集団精神療法」って効果はあるの?

ウッチー

ウッチーは実際に集団精神療法を受けてきました。

その結果、確かな効果があると感じています。

具体的には、次のような効果があります。

  1. 悩みの共有ができる
  2. 一人ではなかなか解説できない問題がクリアになる

このような効果があると感じます。

1つずつ見ていきましょう。

「集団精神療法」の効果① 悩みを共有

統合失調症になると、結構孤独になります。

自宅での療養が中心になるので、どうしても一人の時間が多くなるのです。

そんな時は、集団精神療法を受けると、他人の中に入れるので孤独感が少なくなります。

また、悩みの共有ができます。

ここから、悩んでいるのは自分だけではないと、前向きになれるのです。

「集団精神療法」の効果② 問題が解決する

一人で考えても、問題はなかなか解決しません。

特に多くの当事者の話を聞いていると、治療のためのヒントが見つかるのです。

多くの当事者が話し合って解決策を見つけていきます。

だからこそ、一人では考えつかない、ちょっとした解決策を見つけられるのです。

このような効果があったと、ウッチーは感じています。

集団精神療法をしてきたからこそ、

  • 治療に前向きになれた
  • 苦しんでいるのは自分だけではないと思えた

など、考え方に変化が生まれました。

ですので、集団精神療法を確かな効果があると言えるでしょう。

□「集団精神療法」を活用して統合失調症を治療しよう

今回は、精神療法の中でも注目されている「集団精神療法」を紹介しました。

ウッチー

ウッチーは実際にこの治療法を受けて、確かな効果があると感じています。

最後にまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきましょう。

  1. 「集団精神療法」って一体何? 
  2. 「集団精神療法」はどんな感じで治療を進めるの? 
  3. ウッチーが体験した「集団精神療法」とは? 
  4. 「集団精神療法」って効果はあるの?

以上4つの内容でお届けしました。

集団精神療法を受けてみて――。

  • 自分の悩みを人に話せてスッキリできた
  • 人の悩みを聞けて多くの解決策を話し合えた

など、優れたメリットがたくさんあると感じました。

もしもこの療法を受けなかったら――。

  • いつまでも悩んで苦しんでいたかもしれない
  • 回復が遅れて絶望感を抱いていたかもしれない

など、辛い時期を過ごすことになったでしょう。

統合失調症の治療を進めるためにも、「集団精神療法」を受けてみてください。

きっと、治療にも前向きになれるでしょう。

この記事が、「集団精神療法」について調べている方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました