統合失調症になり不安が強い時は「抗不安薬」を使って対処しよう

薬・副作用について

こんにちは、ウッチーです。

「統合失調症になってから不安を感じるようになったんだけど」

と、こんな悩みを抱える当事者も多いようです。

結論からお話しすると――。

「不安が強い時は【抗不安薬】を使って対処すると、症状が落ち着きます」

今回は、統合失調症の治療で補助的に使われる「抗不安薬」についてお話しします。

一体、抗不安薬にはどのような効果があり、どんな時に使われるのでしょうか?

この記事が、統合失調症になり、不安を覚えている方の参考になれば幸いです。

本記事はこんな方にオススメ

  • 統合失調症になり不安を感じている方 
  • 抗不安薬がどんなお薬なのか調べている方

□まずは知ろう!「抗不安薬」ってどんなお薬なの?

抗不安薬とは?

抗不安薬とは、不安やイライラに効果があるお薬です。

不安やイライラがある時に処方され、興奮を抑えてくれます。

いわゆる「精神安定剤」と呼ばれるものです。

また日本では、かなりの数の抗不安薬があります。

しかしながら、よく使われるのは――。

「ベンゾジアゼピン系」

と、呼ばれる抗不安薬です。

コチラの抗不安薬は、GABAという神経伝達物質に作用して、脳の興奮を抑えます。

GABAとは?

ここで、GABAという神経伝達物質を見ていきましょう。

GABAというのは、脳の異常な興奮を抑えてくれる神経伝達物質です。

よって、GABAの働きを強めていくと、不安やイライラに効果があります。

□把握しておこう!「抗不安薬」にはどんな種類があるの?

ここでは、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬の種類を紹介します。

抗不安薬には、作用する時間で色んな種類があります。

例えば――。

  1. 短時間型:デパスなど
  2. 中間型:ワイパックス、ソラナックスなど
  3. 長時間型:セルシンなど
  4. 超長時間型:メイラックスなど

このようなお薬の種類があります。

もう少し深く見ていきましょう。

短時間型の抗不安薬とは?

短時間型の抗不安薬は、効果のピークが1時間未満

作用時間が3~6時間となっています。

中間型の抗不安薬とは?

中間型の抗不安薬は、効果のピークが1~3時間

作用時間は12~20時間となっています。

長時間型の抗不安薬とは?

長時間型の抗不安薬は、効果のピークが1~8時間

作用時間が20~100時間となっています。

超長時間型の抗不安薬とは?

超長時間型の抗不安薬は、作用する時間が長いです。

主に、作用時間が100時間以上となっています。

□しっかり抑えて!「抗不安薬」はどんな時に使われる?

では、抗不安薬はどんな時に使われるのでしょうか?

基本的に、抗不安薬は名前のとおり、不安やイライラがある時に用いられます。

また、抗不安薬は大きく分けて2つの効き方があるので、確認していきましょう。

それは――。

  • 即効性が高いタイプ:短時間型~長時間型のお薬 
  • 不安になりにくい土台を作るタイプ:長時間型~超長時間型のお薬

こんな風な使われ方がします。

ですので、患者さんには、次のようの処方されるのです。

  • 時々強い不安がある方:短い薬を頓服として服薬 
  • 常に不安があり、時々強い不安に襲われる方:長い薬を常用、これにプラスして短い薬を頓服として服薬 
  • 常に強い不安がある方:短い薬を常用

このような3つのタイプによって、使い分けられています。

※頓服(とんぷく):症状が強い時に、一時的にそれを抑えるために使われるお薬

基本的に、時々不安になる方には、頓服で即効性のあるお薬が処方されます。

反対に常に不安がある方は、長い作用のあるお薬が処方されるのです。

□必ず確認!「抗不安薬」の副作用が知りたい

抗不安薬は、お薬ですから、当然副作用があります

一体、どんな副作用があるのでしょうか?

具体的には、こんな副作用があるようです。

  1. 眠気 
  2. ふらつき 
  3. 離脱症状

この3つが多くなっています。

1つずつ見ていきましょう。

「抗不安薬」の副作用① 眠気

抗不安薬は、その性質上、催眠作用があります。

ですので、服薬すると眠くなってしまうのです。

これは、抗不安薬を服薬するときの、大きな問題になってきます。

気持ちを落ちつけるタイプのお薬なので、すべての抗不安薬で眠気が発生するケースがあるのです。

ですので、服薬する時間を眠前にするなど、対処する必要があります。

また、場合によっては、減薬すると、眠気にも効果があるようなので、医師に相談してから、お薬の調整をするようにしてください。

眠気の副作用は、特に飲み始めの頃に多いです。

同時に、飲み続けていくと慣れてくるので、眠気も薄らいでいくケースがあります。

「抗不安薬」の副作用② ふらつき

抗不安薬は、筋弛緩作用があります。

これは、筋肉の緊張が緩まるという症状です。

そして、この筋弛緩作用が出ると、ふらつきが出やすくなってしまいます。

特に高齢者の場合、ふらつきで転倒して骨折をすると、そのまま寝たきりになってしまう可能性も。

ですから、高齢者には注意が必要なお薬です。

こちらの対処法は、眠気の時と同じになります。

  • 慣れるまで様子を見てみる
  • 減薬する
  • 服薬時間を変える

などです。

このようにして、抗不安薬のふらつきと折り合いを合わせてくださいね。

「抗不安薬」の副作用③ 離脱症状

実を言うと、抗不安薬には依存性があります。

ですので、お薬を止める時、離脱症状が出るケースがあるのです。

これは、カラダがお薬に慣れてしまっているので、それを急に抜くと、体調が悪くなってしまうことを指します。

抗不安薬は、常用すると依存しやすいので、できるだけ短時間だけを使うといいでしょう。

頓服として、本当に不安が強い時だけ使うといいのです。

とはいっても、現在の抗不安薬は基本的に安心と言えます。

ですので、医師の指示に従っている分には問題ないでしょう。

用法を守って使っていけば、大きな問題にはならないので安心してください。

とりあえず不安が強い時は、頓服で様子を見る。

そして、不安が消えたら薬には頼らないようにする。

こうすると、効果的に治療ができるでしょう。

□「抗不安薬」を効果的に使って治療を進めよう

今回は、統合失調症の治療で補助的に使われる「抗不安薬」を紹介しました。

コチラは、強い不安やイライラがある時に、その興奮を抑えてくれるお薬です。

ですので、あまりに不安が強い方は、このようなお薬を使うといいでしょう。

最後にまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきます。

  1. 「抗不安薬」ってどんなお薬なの? 
  2. 「抗不安薬」にはどんな種類があるの? 
  3. 「抗不安薬」はどんな時に使われる? 
  4. 「抗不安薬」の副作用が知りたい

以上4つの内容でお届けしました。

抗不安薬は、適切に使えば効果の高いお薬です。

依存しやすいと言われていますが、用法をしっかり守って使う分には、そこまで過度に心配する必要はありません。

まずは、不安やイライラを抑えて、治療を進めるようにしてください。

不安が消えると、治療にも前向きになれるので、辛い時に抗不安薬を使うのは、決して間違った選択ではありません。

この記事が、統合失調症の治療で補助的に使われる「抗不安薬」について調べている方の参考になれば幸いです。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました