統合失調症のリハビリに効果的な「コラージュ療法」って何?

就職・サービス・治療法について

こんにちは、ウッチーです。

「コラージュ療法に興味があるのだけど、どんな療法なの?」

と、こんな声をよく聞きます。

結論からお話しすると――。

「コラージュ療法は芸術療法の1種です。統合失調症の治療にも効果があると言われています」

今回は、統合失調症のリハビリで効果的な「コラージュ療法」についてまとめます。

一体、コラージュ療法とはどんな療法なのでしょうか?

この記事が、コラージュ療法について調べている方の参考になれば幸いです。

本記事はこんな人にオススメ

  • 統合失調症のリハビリを楽しくしたいと考えている方 
  • コラージュ療法について調べている方

□しっかり抑えて!「コラージュ療法」とは?

コラージュとは?

みなさんは、「コラージュ」という言葉を知っているでしょうか?

よくスマホのアプリなどで、コラージュ作成ができるものがあります。

このアプリは、写真を切り貼りしていって、新しい1枚の写真を作れるのです。

コラージュとは、まさにこのような意味といえるでしょう。

元々は、フランスの「collge」という言葉から来ています。

これは、貼りつけるという意味です。

コラージュは一般的に言うと、現代絵画の技法の1つを指します。

例えば――。

  • 写真
  • 絵画
  • 新聞
  • 植物片
  • 立体物

これらを組み合わせて、平面に貼りつけていきます。

詳しくは次の写真をご覧ください。

引用元:https://www.kan-on-sen-ku.ed.jp/

こんな風にして、色んな素材を組みわせて、1つの作品にしていくのです。

コラージュ療法とは?

コラージュ療法というのは、芸術療法(アートセラピー)の一種になります。

アートセラピーとは、音楽や、絵画、ダンスなどを用いて行われる心理療法です。

通常の心理療法というのは、言葉を通して心を表現していきます。

心に働きかけることで、心の成長や安定を図るのです。

ただ、アートセラピーでは、芸術を通して、心を表現していきます。

コラージュ療法も、そんな芸術技法を使って、療養を続けていくのです。

コラージュ療法は、写真などを張り付ける、コラージュの技法を通して行われます。

アートセラピーは、どうしても、作った作品の上手い下手にこだわってしまい、上手くできないと、ストレスになるという欠点があります。

しかしながら、コラージュ療法は、写真などを貼りつける手法で行うので、絵の得手不得手があまり関係ありません。

よって、でき上った作品に、がっかりすることなく、気に入った作品を作り上げられるのです。

そして、写真を切ったり貼りつけたりする作業なので、それが楽しいと感じる方も多くいらっしゃいます。

つまり、コラージュ療法には――。

  • 絵の上手い下手は関係ない
  • とても楽しく作業できる
  • 納得のいく作品が作れる
  • 最終的に心の安定や成長につながる

などのメリットがあると言えるでしょう。

□把握しておこう!「コラージュ療法」の方法

コラージュ療法は、まったく難しくありません。

非常に簡単に、誰でもできるのが特徴です。

まずは、必要となる材料を見ていきましょう。

コラージュ療法の材料

  • 不要になった雑誌やカタログ・パンフレット:3~5冊くらい 
  • 台紙となる画用紙(主に白が使われますが、色画用紙も何枚かあると使えます) 
  • ハサミ 
  • カッターナイフ 
  • スティックのり

以上の材料を用意しましょう。

コラージュの作成方法

①とにかく切りまくる

用意した雑誌などから、好きな写真やイラスト、目に留まる文字などを、どんどん切り抜いていきます。

この時、どんな風に使おうとはあまり考えないでいいです。

とにかくどんどん切っていきましょう。

②台紙に貼っていこう

ある程度切ったものがたまったら、台紙に貼りつけていきます。

台紙のサイズや色を選んで、その上に切り抜きを並べてみましょう。

この時、いきなり貼りつけるのではなく、色々と配置を考えてみてください。

そして、納得のいく配置が決まったら、台紙に貼りつけていきます。

作業の途中で切り抜きが欲しくなったら、自由に切り抜く作業に戻って構いません。

③完成

コラージュを作成し終わったら、少し離れた場所に作品を置いてみましょう。

そして、眺めてみるのです。

その上で、作業途中に考えたことや、気づいたことなどを話し合います。

分析したり、解釈したりする必要はないので、自由な発想で話し合いましょう。

作り上げた作品は持ち帰り、記念としてとっておくといいのではないでしょうか?

□気になる問題!「コラージュ療法」って効果あるの?

コラージュ療法は、作った作品の分析や解釈などは、まったく重要ではありません。

実を言うと、下手に分析したり、解釈したりすると、心の安定につながらないのです。

ですから、気づいたことや感じたことなどを話し合うだけにとどめましょう。

自分の作品を見つめなおすと――。

「自分の心の中に生じたことを再発見できる」

といった効果があります。

統合失調症になると、心の中がもやもやして、ストレスがたまります。

そのようなストレスのはけ口として、コラージュ療法は有効なのです。

心の成長や安定につながり、作業を通して大きく成長ができます。

統合失調症の治療は、薬物療法がメインですが、このような芸術療法などを取り入れると、相乗効果が期待できるでしょう。

作品を通して、ストレスを発散させ、心の成長が期待できる、有効なリハビリであると言えます。

□絶対知りたい!「コラージュ療法」が受けられる場所

ここまで見てくると、実際にコラージュ療法が受けてみたいと思った方も多いでしょう。

コラージュ療法は――。

  • 学校
  • 病院
  • 施設
  • カウンセリング

などで受けられるようになっています。

ただ、まだまだこのような場所は少ないので、事前の確認が必要です。

また、日本コラージュ療法学会という団体もあります。

詳しくはコチラのサイトを参考にしてみてください。

□「コラージュ療法」を受けて統合失調症を治療しよう

今回は統合失調症の治療で有効な「コラージュ療法」についてまとめました。

心の成長や安定につながる優れたリハビリです。

楽しみながら作業できる点も嬉しいですね。

最後のまとめとして本記事で紹介した内容を振り返っていきます。

  1. 「コラージュ療法」とは? 
  2. 「コラージュ療法」の方法 
  3. 「コラージュ療法」って効果あるの? 
  4. 「コラージュ療法」が受けられる場所

以上4つの内容でお届けしました。

統合失調症の治療の基本は、薬物療法です。

しかし、並行してコラージュ療法などを取り入れると、相乗効果で回復が進むでしょう。

この記事が、コラージュ療法について調べている方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました