2001年登場!「ルーラン」という統合失調症のお薬を飲んでみて思ったこと

薬・副作用について

こんにちは、ウッチーです。

「ルーランという統合失調症のお薬に興味があるけど、正直どうなの?」

と、このような声を聞くことがあります。

結論からお話しすると――。

「ルーランは統合失調症の症状を抑える効果が高い」

と、このように感じます。

ウッチー

実を言うと、ウッチーは「ルーラン」を1年ほど服薬していた時期があります。

ですので、ルーランの特徴や効果などは、一応把握しているつもりです。

今回は、実際にルーランを服薬していた時期があるウッチーが、「ルーラン」について語ります。

体験談をもとにお話しするので、きっと何かのヒントになるはずです。

この記事が、統合失調症のお薬である「ルーラン」を調べている方の参考になれば幸いです。

□しっかり把握しよう「ルーラン」ってどんなお薬なの?

ルーランは、2001年に登場した統合失調症のお薬です。

非定型抗精神病薬に分類されます。

統合失調症のお薬は主に2種類に分けられます。

それが――。

  • 定型抗精神病薬
  • 非定型抗精神病薬

この2つです・

定型抗精神病薬は古いタイプの統合失調症のお薬です。

主に、統合失調症の陽性症状を抑える効果があります。

※陽性症状:統合失調症の「幻聴」「幻覚」「妄想」などが出る症状

ですが、陰性症状にはあまり効果がありません。

よって、陰性症状を抑えるお薬を飲む必要があります。

つまり、飲むお薬の量が増えてしまうのです。

これが、定型抗精神病薬のネックな点と言えるでしょう。

※陰性症状:統合失調症の「無気力」「感情の鈍化」などがあらわれる症状

これに対し、非定型抗精神病薬は、陽性症状・陰性症状の2つに効果があります。

ですので、1つの薬で統合失調症の嫌な症状を抑えることができるのです。

現在の統合失調症の治療は、基本的に非定型抗精神病薬が使われます。

そして、ルーランは非定型抗精神病薬の1つです。

ルーランはドパミンを抑える効果が結構高くなっています。

統合失調症は脳内物質であるドパミンが過剰に分泌されると、嫌な症状が出ます。

そのため、ドパミンを抑えると、治療の効果があるのです。

また、ルーランはセロトニンもブロックしてくれます。

そして、ドパミンとセロトニンを両方抑えてくれるお薬を――。

「SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)」

と、いいます。

SDAに分類されるお薬は、基本的によく効くので、ルーランを使っている当事者も多いです。

ウッチーがアンケートを取り、服薬しているお薬を調べてみると――。

「ルーランは全体の約7%が服薬」

と、いう結果でした。

およそ10%弱の方が服薬しているので、割とメジャーな統合失調症のお薬と言えるでしょう。

□ここが知りたい! ウッチーが「ルーラン」服薬した感想

ウッチー

既に少し紹介していますが、ウッチーはルーランを1年ほど服薬していました。

その経験を踏まえ、飲んでみた感想をまとめます。

ルーランの飲み心地

ルーランは普通の白い錠剤です。

サプリメントを飲むような感覚で、自然と服薬できます。

変に苦みがあるわけでもなく、飲みやすいお薬であると感じました。

ルーランの効果

ルーランを飲んでいた時期は、あまり陽性症状が出ませんでした。

若干の幻聴は残りましたが、量を増やしたら消えた感じです。

ですから、統合失調症の陽性症状を抑える効果は高いと言えるでしょう。

医師の説明によると、ルーランは陰性症状にもよく効くということでした。

ただ、ウッチーはあまり陰性症状に効いたという思い出がありません。

「無気力」「感情がなくなる」などの症状は、結構ありました。

人によっても差があると思うのですが。陰性症状に対する効果は薄いと感じます。

ですが、飲み進めていくと、割とカラダにフィットする感じで、普通に動けるレベルにはなるので、その点は安心して大丈夫でしょう。

ルーランは1日3回服薬

ルーランは1日3回服薬する必要があります。

これが結構厄介で、飲み忘れることが多々あった感じです。

特に昼間は出かけていたりすると薬を飲み忘れて、慌てて家に帰ったこともあります。

医師の話では、ルーランは作用の時間が短いということでした。

ですので、1日3回服薬しなければならないのです。

統合失調症のお薬は1日1回でもいいタイプもあるので、この点はややネックでした。

□詳しく教えて!「ルーラン」の副作用が知りたい

統合失調症のお薬は、ずっと飲み続ける必要があります。

そうなると、必然的に「副作用」が出やすくなってしまうのです。

では、ルーランの場合、副作用はどのような感じなのでしょうか?

ウッチー

ウッチーが実際にルーランを服薬して感じた副作用をお話します。

ルーランは比較的副作用が少ないお薬と言われています。

しかしながら、ウッチーは次のような副作用を経験しました。

  1. カラダが勝手に動く
  2. 舌の震え
  3. 猛烈なだるさと眠気

以上の副作用です。

1つずつ見ていきましょう。

ウッチーが経験した「ルーラン」の副作用① カラダが勝手に動く

カラダが勝手に動く副作用は「アカシジア」と言います。

とにかくソワソワとして落ち着かないのです。

この副作用は、結構長い間続きました。

ウッチーが経験した「ルーラン」の副作用② 舌の震え

ウッチーは抗精神病薬を服薬すると、決まって舌が震えます。

今まで数多くのお薬を試してきましたが、どのお薬でも舌が震えました。

恐らく、そういう体質なんだと思います。

そして、ルーランを飲んでいる時も、舌の震えがありました。

舌が震えると、話すのも困難になりますし、食事も上手くとれません。

ですから、かなりのストレスと抱えていました。

ただ、これは副作用止めを飲むと、治まっていきます。

ウッチーは主に「タスモリン」という副作用止めを飲んで対処していました。

ウッチーが経験した「ルーラン」の副作用③ 猛烈なだるさと眠気

ウッチー

ウッチーがルーランを飲み、一番厄介だと感じたのは、「だるさ」です。

とにかくだるくて、動けなくなってしまいます。

特に朝のだるさがひどかったです。

食事をとって、ルーランを服薬すると、決まってカラダがだるくなりました。

そして、そのまま動けなくなり、布団の中で過ごすのを繰り返していたのです。

また、ルーランは鎮静作用があります。

そのため、眠気やふらつきなどがあるので、その点も注意したいところです。

以上のような副作用を体験してきました。

あわせて参考にしてみてくださいね。

□気になる点!「ルーラン」って太るお薬?

統合失調症のお薬の中には、食欲を増進させたり、代謝を低下させたりするものがあります。

そうなると、太りやすくなってしまうのです。

下記のグラフをご覧ください。

ウッチー調べ 2020.02.25

ウッチーが実際に当事者に向けてアンケートを取ると、23%の方が太ったと回答されました。

およそ30%弱の方が、統合失調症になり、太ってしまったのです。

では、ルーランは太る作用は大きいのでしょうか?

ウッチーの経験では――。

「太らなかったし食欲もそんなにアップしなかった」

これが正直な印象です。

ウッチーは過去、ジプレキサというお薬を服薬して30㎏太ってしまいました。

その時は、強烈な空腹感があったのです。

また、代謝も落ちていたので、あっという間太ってしまいました。

ですが、ルーランに変えてからは、そんなに食欲は出ませんでした。

太ってしまった体重も落ち着いてきて、平均くらいの体重になったのです。

ルーランはそこまで太るという印象がありません。

食欲もコントロールできる範囲です。

ですから、従来のお薬で食欲が止まらなくなったり、代謝が落ちてしまったりする場合は、ルーランに変えてもいいでしょう。

ウッチー

少なくとも、ウッチーは太らなかったので、太りにくいお薬であると感じました。

ジプレキサというお薬はコチラの記事で詳しく解説しています↓

□徹底解説!「ルーラン」の薬価ってどのくらい?

ルーランは2001年に登場したお薬です。

そのため、ジェネリックが登場しています

ですので、基本的に薬価はそこまで高くありません。

この項目では、ルーランの薬価を解説してきます。

ルーランの薬価

  • 4㎎:約16円
  • 8㎎:約30円
  • 16㎎:約56円

ウッチーは症状ひどい時は16㎎を服薬していましたが、維持量は8㎎でした。

ルーランは1錠当たりの薬価はそこまで高くありません。

ただ、1日3回服薬する必要があるので、そこに注意してください。

では、ジェネリックの薬価を見ていきましょう。

ルーランの薬価(ジェネリック)

  • 4㎎:約9円
  • 8㎎:約17円
  • 16㎎:約30円

このようになっています。

統合失調症のお薬は、高く傾向があるので、ジェネリックがあるのはありがたいです。

ウッチーが通っていた薬局にはルーランのジェネリックがなかったので、普通のルーランを買っていましたが、ジェネリックを使う方が、お財布には優しいと言えます。

□一体どうして? ウッチーが「ルーラン」を止めた理由

ウッチー

ウッチーはルーランを1年ほど服薬していました。

しかし、現在は服薬していません。

今は、シクレストというお薬を服薬しています。

一体なぜ、ウッチーはルーランを止めてしまったのでしょうか?

それには理由があるのです。

その理由とは――。

「だるさが強烈で状況を変えたかった」

これに尽きます。

副作用の項目でも紹介した通り、ルーランを飲むと、強烈なだるさに襲われました。

それは、結構長い間続いたのです。

当時はまだ、仕事もしておらず、自宅で療養していたのですが、デイケアなどに通いたいと思ったため、何とか動けるようになりたかったのです。

飲み続けるうちに、普通に動けるようになったのですが、だるさは残りました。

そこで医師にだるくて動けないので何とかして欲しいと訴えました。

薬の量を変に下げてしまうと、再発する可能性があります。

同時に、ウッチーはルーラン以外のお薬を試したいという希望もあったのです。

そこで、思い切ってお薬を変えたいと医師に告げました。

その結果、「ロナセン」というお薬を提案され、変薬されたのです。

お薬を変えるのは、リスクにもなりますが、副作用がなくなるケースも多々あります。

ですので、どうしても薬が合わない場合は、無理して飲み続ける必要はありません。

ウッチー

ウッチーは1年ほどルーランを服薬しました、無理せずもっと早く変薬を訴えればよかったと反省しています。

このようにして、ウッチーはルーランを止めました。

ただ、確かな効果はあるお薬なので、これが合う方もいらっしゃるでしょう。

統合失調症のお薬は向き不向きが色濃く分かれるので、参考にしてみてください。

シクレストやロナセンというお薬に関しては、コチラの記事で詳しく解説しています↓

□「ルーラン」は治療効果も高いので試してみる価値あり!

今回は統合失調症のお薬である「ルーラン」を紹介しました。

ウッチー

過去、ウッチーはこのお薬を飲んで治療を進めていました。

そして、副作用があったものの、確かな効果があったと感じています。

太るという副作用も少ないので、ルーランを試してみる価値はあるでしょう。

もちろん、個人の特性により、合う合わないはあると思いますが、ルーランが合う方は、スムーズに治療が進むはずです。

最後に、まとめとして本記事で紹介した内容を振り返っていきます。

  1. 「ルーラン」ってどんなお薬
  2. ウッチーが「ルーラン」服薬した感想
  3. 「ルーラン」の副作用
  4. 「ルーラン」って太るお薬?
  5. 「ルーラン」の薬価
  6. ウッチーが「ルーラン」を止めた理由

以上6つ内容でお届けしました。

くり返しになりますが――。

「ルーランは統合失調症の嫌な症状を抑える効果が高い」

このように感じます。

もしもお薬が合わなくて悩んでいる方は、ルーランを検討してみてください。

医師に相談すれば、きっと悩みを聞いてくれるはずです。

この記事が、統合失調症のお薬である「ルーラン」のことを調べている方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

  1. […] 2001年登場!「ルーラン」という統合失調症のお薬を飲んでみて思ったこと… […]

タイトルとURLをコピーしました