バランスよし! 統合失調症のお薬「ロナセン」を服薬した感想

薬・副作用について

こんにちは、ウッチーです。

「統合失調症のお薬で【ロナセン】ってあるけど、正直どうなの?」

と、こんな悩みを聞くことがあります。

結論からお話しすると――。

「非常に効果の高いお薬」

であると感じます。

ウッチー

ウッチーは過去、ロナセンを服薬していた時期があり、この時は症状が安定していたのです。

ですから、統合失調症の症状に対する効果は結構高いと言えます。

今回は、統合失調症のお薬の1つである「ロナセン」を服薬した感想をまとめていきます。

実際に、ウッチーが試して感じた感想なので、何かのヒントになるはずです。

この記事が、統合失調症のお薬である「ロナセン」を調べている方の参考になれば幸いです。

□まずは知ろう!「ロナセン」ってどんなお薬なの?

ロナセンは、2008年に登場した非定型抗精神病薬です。

統合失調症のお薬は、主に2つの種類があります。

それは――。

  1. 定型抗精神病薬
  2. 非定型抗精神病薬

この2つです。

定型抗精神病薬は、古いタイプのお薬です。

統合失調症の陽性症状に主に効果があります。

※陽性症状:統合失調症の「幻聴」「幻覚」「妄想」などがあらわれる症状

ただ、統合失調症の陰性症状には効果がありません。

ですので、陰性症状を抑えるためのお薬を飲む必要があります。

つまり、必然的に飲むお薬の量が増えるのです。

ここが、定型抗精神病薬のネックとなっている点になります。

※陰性症状:統合失調症の「無気力」「寝てばかりいる」などの症状

これに対して、非定型抗精神病薬は、陽性症状、陰性症状、2つに効果があります。

そのため、1つの薬で、統合失調症の嫌な症状を抑えることができるのです。

ロナセンは、非定型抗精神病薬であり、ドパミンやセロトニンを抑える効果があります。

統合失調症は、脳内物質であるドパミンが過剰に生産されると起きやすいです。

ですから、そのドパミンを抑えると、嫌な症状が消えていきます。

ドパミンだけでなく、セロトニンもブロックする働きがあるため、「SDA」と呼ばれています。

SDAとは、「セロトニン・ドーパミン拮抗薬」のことで、セロトニンとドパミンを両方抑える働きがあるお薬の総称です。

ロナセンは2019年にジェネリックが登場しています。

ブロナンセリン錠という名前で販売されているのです。

ウッチーがロナセンを飲んでいた時は、まだ、ジェネリックがなかったので、地味に薬価が高かった印象があります。

□実際に「ロナセン」を服薬していたウッチーの感想

ウッチー

ウッチーは2年ほどロナセンを服薬していました。
その時の感想を、ここでお話します。

ロナセンの飲み心地

ロナセンは普通の白い錠剤です。

よって、サプリメントを飲むような感覚ですんなりと飲めます。

特に苦みがあるわけでもなく、飲み心地はよかったです。

統合失調症のお薬の中には、結構飲み心地が悪いものがあります。

しかし、ロナセンはそんなことが一切ないので、安心して飲めました。

ロナセンの効果

ウッチーは色々な統合失調症のお薬を飲んできました。

その中でも、ロナセンはもっともバランスのいいお薬であると感じています。

統合失調症の嫌な症状である陽性症状に対する効果は、結構高かったです。

事実、ロナセンを服薬していた時期は、症状も再発せず、安定して過ごせていました。

また、陰性症状に対する効果も高いです。

「無気力」「感情の鈍化」など、そのような症状がなく、普通に過ごせました。

ロナセンは、ドパミンをブロックする働きが強いです。

ですから、統合失調症の嫌な症状を強力に抑えてくれます。

□「ロナセン」の副作用が知りたい

統合失調症のお薬はずっと飲み続ける必要があります。

そのため、必然的に「副作用」が出やすくなってしまうのです。

もちろん、ロナセンにも副作用が出る可能性があります。

実際に、ウッチーがロナセンを服薬していて発生した副作用を紹介します。

ウッチーが体験したロナセンの副作用 舌の震え

ロナセンを服薬していた時、ウッチーは舌の震えで困っていました。

ウッチー

ウッチーは抗精神病薬を服薬すると、決まって舌が震えます。

これは、どんなお薬を飲んでもそうなってきたので、もしかすると、体質なのかもしれません。

そして、ロナセンを服薬していた時期も舌の震えがありました。

「舌が震えるだけでしょ」

と、楽観的に考えてしまいがちですが、舌の震えは結構嫌な感じです。

普通にしゃべるのもしんどいですし、食事も上手くとれません。

ですから、結構ストレスになってしまうのです。

ウッチーは、ロナセンを服薬していた時期、同時に舌の震えを止めるための、副作用止めを服薬していました。

「タスモリン」というお薬だったのですが、これを飲むと、確かな効果がありました。

ただ、ずっと副作用が続いたわけではありません。

ロナセンを服薬してから6ヶ月くらい経つと、自然と舌の震えはなくなりました。

いつしか副作用止めも飲まなくなり、そのまま安定してロナセンを服薬できたのです。

総合的に見て、ロナセンは副作用が少ない薬であると感じます。

眠気もありませんでしたし、カラダが勝手に動くなどの症状もありませんでした。

ですから、従来のお薬を服薬していて、副作用が嫌だという方は、ロナセンを試してみてもいいかもしれません。

まずは、医師に相談してみるようにしてくださいね。

□やっぱり気になる「ロナセン」って太るお薬?

統合失調症のお薬は、太りやすい傾向があります。

コチラのグラフをご覧ください。

ウッチー調べ 2020.02.24

ウッチーがお薬のアンケートを取った時、統合失調症になり太ったという方は、全体の23%でした。

つまり、3割弱の方が、太ってしまうというデータがあります。

ですが――。

「ロナセンを服薬していた時期は太らなかった」

「むしろ痩せた」

と、いうことが言えます。

ウッチーは過去、ジプレキサというお薬を飲み、30㎏太ってしまいました。

しかし、ロナセンを服薬していた時期は、全く太らず、むしろ痩せたのです。

ジプレキサというお薬については、コチラの記事で詳しく解説しています↓

実は、ロナセンは代謝系の副作用が少ないと言われています。

ですから、体重増加や高血糖などの症状が出にくいのです。

特別太りやすいとは感じませんでしたし、普通に生活していれば、絶対に太りません。

そのため、統合失調症のお薬で太ってしまったという方は、ロナセンに変えてもいいでしょう。

ウッチー

少なくとも、ウッチーは体重が増加せずに、むしろ低下して普通体重よりも、やや痩せた体型をキープしていました。

□「ロナセン」の薬価が知りたいけどどのくらい?

ロナセンには、いくつかの種類があります。

ウッチー

ウッチーは通常の錠剤タイプのお薬を服薬していました。

通常のロナセンの薬価は次のとおりです。

  • 2㎎:約75円
  • 4㎎:約140円
  • 8㎎:約262円

となっています。

ウッチーは最初は2㎎から始め、最終的に8㎎まで服薬していました。

その時はまだ、ジェネリックがなかったので、薬価は結構高かった印象があります。

ただ、ロナセンは2019年にジェネリックが登場しています。

ジェネリックの薬価は次のとおりです。

  • 2㎎:約30円
  • 4㎎:約60円
  • 8㎎:約106円

となっています。

ジェネリックが登場しているのは、非常に助かります。

統合失調症のお薬は、基本的に薬価が高いので、なるべくならジェネリックの方がいいです。

コチラの情報もあわせて参考にしてみてください。

□新発売「ロナセンテープ」って一体何?

ロナセンは、テープ状の貼って使うお薬が登場していています。

コチラは、2019年の9月19日に発売されました。

  • 20㎎テープ:約278円
  • 30㎎テープ:約401円
  • 40㎎テープ:約520円

と、この3種類が登場しています。

1回80㎎まで使え、胸部、腹部、背部のいずれかに貼って使います。

効果は24時間で、24時間ごとに貼り替えるようです。

経皮吸収型製剤というタイプのお薬で、貼って使うのでユニークですね。

錠剤のお薬に比べて、肝臓へのダメージが少なくなっています。

テープを貼ればいいだけなので、飲み忘れが少なく、治療効果も期待できるはずです。

ちなみに、通常のロナセンと効果は同じなので、気になる方は医師に相談してみるといいでしょう。

□一体なぜ? ウッチーが「ロナセン」を止めた理由

ロナセンは、非常に優れた統合失調症のお薬です。

それは、実体験からそのように感じています。

ウッチー

しかしながら、現在ウッチーは、ロナセンを服薬していません。

これだけ自分に合っていたお薬なのに、どうして止めてしまったのでしょうか?

それには理由があるのです。

その理由とは――。

「肝臓の値が悪くなり、変薬せざるを得なかった」

ウッチーはあまり肝臓が強くないのか、ロナセンを服薬していたら、肝臓の値が悪くなってしまいました。

最初は、ロナセンの影響だとはわからなかったので、飲み続けていたのですが、あまりに治らないでいたので、ロナセンを止めてみようという話になったのです。

ロナセンをやめてから、しばらくすると、肝臓の値が落ち着きました。

ですので、それ以降ロナセンは飲んでいません。

統合失調症のお薬は肝臓にも影響を与えるケースがあります。

よって、クリニックでは定期的に血液検査があるのです。

あまり過度に心配する必要がありませんが、ウッチーのように肝臓に障害が出るケースもあります。

血液検査をしながら、特に肝臓の値には注意するようにしてください。

□統合失調症に確かな効果!「ロナセン」は優れたお薬だった

今回は、統合失調症のお薬である「ロナセン」を紹介しました。

陽性症状はもちろんですが、陰性症状にも効果があります。

また、副作用も比較的少ないので、優れたお薬であると言えるでしょう。

ウッチー

実際に、ウッチーはロナセンを服薬していた時期があり、すごくバランスのいいお薬であると感じました。

ロナセンを服薬していた時期は、症状も安定していましたし、体重も増えませんでした。

ですから、従来のお薬が合わないと感じている方は、ロナセンを試してみてもいいかもしれません。

まずは医師に相談してみるといいでしょう。

きっと、医師も相談に乗ってくれるはずです。

最後に、本記事のまとめとして、紹介した内容を振り返っていきます。

  1. 「ロナセン」ってどんなお薬なの?
  2. 「ロナセン」を服薬していたウッチーの感想
  3. 「ロナセン」の副作用
  4. 「ロナセン」って太るお薬?
  5. 「ロナセン」の薬価
  6. 「ロナセンテープ」について
  7. ウッチーが「ロナセン」を止めた理由

以上7つの内容でお届けしました。

くり返しになりますが――。

「ロナセンはバランスが非常にいいお薬」

であると感じます。

よって、試してみる価値はあるでしょう。

この記事が、統合失調症のお薬である「ロナセン」を調べている方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました