統合失調症の最大の問題「認知機能の低下」を把握して治療を進めよう

病気について

こんにちは、ウッチーです。

「統合失調症になってから、なんだか集中できなくなった……」

と、このような悩みを抱える当事者も多いようです。

結論からお話しすると――。

「集中力が落ちるのは、【認知機能の低下】が問題になっています。そして、これは統合失調症の最大の問題でもあります」

と、このように言えるでしょう。

ウッチー

事実、ウッチー自身、集中力が長く続きません。

そこで今回は、統合失調症の最大の問題でもある「認知機能の低下」についてまとめます。

この記事が、統合失調症になり認知機能の低下を感じている方の参考になれば幸いです。

本記事はこんな方にオススメ

  • 統合失調症になり認知機能の低下を感じている方 
  • 認知機能が低下するとどうなるのか調べている方

□最初に確認して!「認知機能」って一体何なの?

統合失調症になると、「認知機能」が低下すると言われています。

しかし、「認知機能」といっても、どんな機能なのかわかりませんよね。

そこで、まずは認知機能がどんな機能なのかまとめていきます。

「認知機能」とは?

認知機能とは、物事を判断したり、計画を立てたり、集中したりする能力です。

普通の人は、特別意識しなくても、認知機能を働かせています。

ですが、統合失調症になると、この認知機能が上手く働かなくなるのです。

そうなると、物事を歪んだ風にとらえてしまい、日常生活を送るのが難しくなります。

□「認知機能」が低下するとどうなるの?

では、認知機能が低下すると、具体的にどんな風になってしまうのでしょうか?

コチラについてみていきましょう。

認知機能が低下すると――。

  • 相手の目を見なくなる
  • 自分の世界に閉じこもってしまう
  • 身の回りのことができなくなる
  • 興味のないことは全くしない

などの症状が出てきます。

こうなると――。

「知的能力が落ちているのでは?」

と、考える方も多いでしょう。

しかし、知的能力の障害ではありません

統合失調症の認知機能とは、知覚を含めた、物事や人を認める力であると言えるでしょう。

実をいうと、昔、統合失調症は痴呆の一種ではないか? と言われていました。

ですが、それは誤りです。

また、よく認知症と似ているとも言われますが、これも違います。

認知症は、加齢により脳細胞が減っていき、知能が低下する状態を指します。

その反面、統合失調症に認知機能障害は、記憶力が低下しません。

IQも発症前のレベルが保たれています。

□統合失調症になると絶対「認知機能」は落ちるの?

結論からお話しすると――。

「病気になったほぼすべての人に、認知機能の低下が見られる」

と、このように言われています。

ですから、認知機能が低下するのは、仕方がない面も多いです。

特に若くして発病した人の方が、認知機能が落ちるのが速いと言われています。

逆に30代を過ぎてから発症すると、そこまで認知機能は落ちないようです。

これは、年齢を重ねてから発症した方が、社会に出ていた期間が長いので、その分高い認知機能持っているためと言われています。

つまり、元々高い認知機能のレベルにあるので、極端に認知機能が低下しないということです。

□ウッチーはどんな「認知機能」の問題があるの?

ウッチー

この記事を書いているウッチーも、実は認知機能の低下を実感しています。

例えば、次のような問題があります。

  • 同じ服ばかり着ている
  • 部屋が片付けられない
  • 集中力が続かない

などの問題があります。

1つずつ見ていきましょう。

ウッチーが感じる認知機能の低下① 同じ服ばかり着る

ウッチーはファッション関係の学校を卒業し、その後洋服店で働きました。

ですから、昔から洋服は好きだったのです。

たくさん服を買って、何を着ようかと考えるのが好きでした。

しかし、統合失調症になってから、一気に興味がなくなってしまいした。

オシャレが好きだったのに、今ではユニクロで買った同じ服ばかり着ています。

何というか、身なりを全く気にしなくなってしまったのです。

最初はなぜなのかわからなかったのですが、調べると、認知機能の低下が関係しているとわかりました。

ウッチーが感じる認知機能の低下② 部屋が片付かない

ウッチーは病気になり、部屋の片づけが全くできなくなりました。

その結果、一時期、家がゴミ屋敷みたいになってしまい、業者に頼んで片づけたのです。

ただ、その金額がかなりかさんでしまったので、それ以降はホームヘルパーを頼んでいます。

それで、定期的に部屋の掃除をしてもらっています。

そうしないと、どんどん部屋が汚れてしまうのです。

これも認知機能の低下の1つだと感じます。

ウッチーが感じる認知機能の低下③ 集中力が続かない

集中力が続かないというのも、認知機能の低下の問題です。

ウッチー

ウッチーは大体1時間位しか作業できません。

無理して続けると、自分でも何をしているのかわからなくなり、作業ができないのです。

ですので、1時間ごとに休憩を入れて、それで執筆するようにしています。

また、読書も難しくなりました。

病気になる前は、3時間位普通に読んでいましたが、今は30分くらいが限界です。

ずっと読めなくなり、頭にも入りにくくなりました。

これも大きな認知機能の低下だと感じています。

□統合失調症になると「認知機能」の低下が見られるので注意

今回は、統合失調症の当事者を苦しめる「認知機能」の低下をまとめました。

これは、統合失調症の最大の問題であると感じます。

最後にまとめとして、この記事で紹介した内容を振り返っていきます。

  1. 「認知機能」って一体何なの? 
  2. 「認知機能」が低下するとどうなるの? 
  3. 統合失調症になると絶対「認知機能」は落ちるの?
  4.  ウッチーはどんな「認知機能」の問題があるの?

以上4つの内容でお届けました。

統合失調症になると、ほぼすべての人に認知機能の低下が見られます。

ですから、この点はよく理解するようにしましょう。

この記事が、統合失調症になり、認知機能の低下がしていると感じる方の参考になれば幸いです。

認知機能の低下の対策に関してはコチラの記事で解説しています↓

Follow me!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました