統合失調症を始めうつ症状にも高い効果のある「ラツーダ」というお薬を知りましょう。

薬・副作用について

こんにちは、ウッチーです。

今回は「ラツーダ」というお薬をご紹介します。

統合失調症のお薬はかなりの数があるのを知っているでしょうか?

現在の治療では、非定型抗精神病薬という種類のお薬が使われます。

そして、10種類以上のお薬が存在しているのです。

そこで、本記事では「ラツーダ」というお薬を徹底解説していきます。

  • お薬が合わずに困っている
  • 新しいお薬を試してみたい

などと考ええている方は、ぜひ、この記事を参考にしてみてくださいね。

それでは、早速見ていきましょう!

本記事はこんな人にオススメ

  • ラツーダというお薬を調べている方 
  • 新しいお薬がどんなものなのか知りたいと思っている方

□2020年の登場の新薬「ラツーダ」ってどんなお薬?

ラツーダは2020年に登場した統合失調症の治療薬です。

2010年にアメリカで承認され、日本では臨床試験の結果、2020年より発売が開始されました。

ラツーダは、ドーパミンを抑える働きが強いお薬です。

また、それ以外にもセロトニンをブロックする作用もあります。

統合失調症の症状は、ドーパミンが過剰に生産されると発生しやすいです。

ですから、ドーパミンを抑える働きが強いと、確かな効果があります。

ラツーダはドーパミンやセロトニンをブロックする作用があるので――。

SDAと呼ばれるお薬に分類されます。

これは、「セロトニン・ドーパミン拮抗薬」の頭文字を取った略称です。

□しっかり確認!「ラツーダ」の効果とは?

ラツーダはドーパミンやセロトニンをブロックする作用が高いです。

よって、「幻覚」「妄想」などの陽性症状に高い効果があります。

また、それ以外には、「意欲の低下」「感情の鈍化」などの陰性症状にも効果があるのです。

そして、認知機能の改善にも有効なお薬であると言われています。

ラツーダは、不安や落ち込みなどを改善する作用もあるようです。

したがって、双極性障害の治療薬としても使われるケースがあります

感情を落ち着かせる作用があり、不安や衝動性を和らげる効果があるのです。

同時に、双極性障害のうつ症状に対して効果が期待できます。

このような作用のある治療薬は、かなり少ないのでラツーダは貴重であると言えるでしょう。

□どこが優れている?「ラツーダ」の3つのメリット

ラツーダはどんな点が優れているでしょうか?

ウッチー

ウッチーは主に3つの点が優れていると感じました。

それは――。

  1. 陰性症状や認知機能の改善の効果が高い 
  2. うつ症状に効く 
  3. 全体的に副作用が少ない

以上の点が優れているのではないでしょうか?

それぞれ1つずつ見ていきましょう。

ラツーダのメリット① 陰性症状や認知機能の改善の効果が高い

ラツーダは、陰性症状・認知機能の改善に有効なお薬です。

現代の統合失調症の症状は、「幻覚」「妄想」などの陽性症状よりも、「無気力」「感情の鈍化」などの陰性症状が多く出る場合があります。

ですので、このような症状に高い効果のあるラツーダは、有効なお薬であると言えるでしょう。

ラツーダのメリット② うつ症状に効く

ラツーダはうつ症状に高い効果があります。

したがって、双極性障害の治療薬としても使われるケースがあるのです。

統合失調症の症状でもうつ症状が出る場合があります。

そんな時は、ラツーダを使うと辛さが改善していくでしょう。

ラツーダのメリット③ 全体的に副作用が少ない

ラツーダは比較的副作用が少ないようです。

やはり、新しいお薬だけあって、副作用の面はかなり改善されています。

ですので、従来のお薬の副作用が嫌で、何とかしたいという方には有効でしょう。

副作用の心配があまり高くないのが、大きなメリットと言えるかもしれません。

以上の点がメリットであると感じました。

あわせて参考にしてみてくださいね。

□どこが注意?「ラツーダ」のデメリット

ラツーダはデメリットが少ないお薬です。

しかしながら若干の注意点がありますので見ていきましょう。

ラツーダのデメリットは、食後の服薬する必要があることでしょうか?

実はラツーダは食後に服薬するお薬になっています。

これは食事の影響を受けやすいため。

統合失調症のお薬は寝る前に飲むものも多いですが、ラツーダは食後のようです。

また、グレープフルーツジュースを飲む場合は、注意が必要になるようです。

これは、グレープフルーツの成分がお薬の有効性を不安定にしてしまうためになります。

ですので、グレープフルーツジュースと、ラツーダは一緒には飲めません。

若干のデメリットはありますが、メリットの方が大きいお薬であると言えるでしょう。

□やっぱり気になる!「ラツーダ」の副作用

ラツーダは副作用が大分抑えられたお薬です。

したがって、あまり過度に副作用の心配はないでしょう。

しかしながら、臨床試験では次のような副作用が確認されています。

  1. 錐体外路症状 
  2. 眠気やふらつき

この2つのようです。

それぞれ1つずつ見ていきましょう。

ラツーダの副作用① 錐体外路症状

錐体外路症状というのは、ドーパミンをブロックする作用が高いと現れる症状です。

主にカラダが震えたり、勝手に動いたりします。

ただ、ラツーダはドーパミンをブロックしすぎないので、この副作用はそれほど多くないでしょう。

ラツーダの副作用② 眠気やふらつき

ラツーダは若干の鎮静作用があります。

この影響があるため、服薬後に眠気やふらつきが出る場合があるようです。

しかし、この副作用もあまり多くないので、過度に心配する必要はありません。

ラツーダは全体的に副作用が少なく、代謝系の副作用も低めです。

ですから、体重増加などは多くありません。

よって、太りたくない人にも有効なお薬であると言えるでしょう。

□期待の新薬「ラツーダ」について細かく解説しました

今回は、「ラツーダ」というお薬をご紹介しました。

このお薬は、2020年に登場した、とても新しいタイプになります。

全体的に副作用が少なく改良されているので、使いやすいお薬ではないでしょうか?

最後に、まとめとして本記事で紹介した内容を振り返っていきます。

  1. 「ラツーダ」ってどんなお薬? 
  2. 「ラツーダ」の効果とは? 
  3. 「ラツーダ」の3つのメリット 
  4. 「ラツーダ」のデメリット 
  5. 「ラツーダ」の副作用

以上5つの内容でお届けしました。

本記事では、ラツーダのメリットやデメリットなど、詳しく解説したので、ぜひ、参考にしてみてください。

この記事が、ラツーダというお薬を調べている方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました