「幻覚」「妄想」などの陽性症状の改善に有効な「リスパダール」って一体どんなお薬なの?

薬・副作用について

こんにちは、ウッチーです。

今回は、「リスパダール」というお薬をご紹介します。

統合失調症のお薬は、かなりの数があると知っているでしょうか?

ですから、必ず自分に合ったお薬が見つかるでしょう。

この記事では、「リスパダール」というお薬について徹底解説していきます。

読めば、きっと「リスパダール」というお薬がよくわかるようになるでしょう。

「リスパダール」というお薬を調べている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、早速見ていきましょう。

本記事は、こんな人にオススメ

  • リスパダール」というお薬を調べている方 
  • 統合失調症のお薬はどんなものがあるのか知りたい方

□まずは確認!「リスパダール」はどんなお薬なの?

リスパダールは、1996年に登場した統合失調症のお薬です。

いわゆる第2世代の抗精神病薬であり、別名、非定型抗精神病薬と言います。

リスパダールはドーパミンだけでなく、セロトニンをブロックする作用があるのです。

過剰なドーパミンを抑える働きが強くなっています。

統合失調症の嫌な症状である「幻覚」「妄想」などは、ドーパミンが過剰に生産されると起こりやすくなります。

ですから、このドーパミンを抑えると、「幻覚」「妄想」などの陽性症状に効果があるのです。

リスパダールはそれ以外にも、セロトニンをブロックする作用もあります。

よって、SDAというお薬に分類されているのです。

これは、「セロトニン・ドーパミン拮抗薬」の略称になります。

□絶対抑えて!「リスパダール」の効果

リスパダールは、ドーパミンを抑える働きが強いです。

ですから、「幻覚」「妄想」などの陽性症状に効果があります。

それ以外にも、陰性症状という「無気力」「感情の鈍化」などにも効果的。

また、認知機能の改善にも有効とされています。

リスパダールは、このような作用が高いので、主に統合失調症の治療薬として使われるのです。

それにプラスして、気持ちを落ち着かせる鎮静作用もあります。

よって、衝動性や興奮を落ち着かせるために使われるケースもあるようです。

鎮静作用が強いので、不安や不眠の際にも使われます。

このような気持ちを落ち着かせる作用があるので、気分の安定にも有効です。

例えば――。

  • うつ病
  • 双極性障害

の治療薬としても使われるケースがあるのです。

つまり、リスパダールは統合失調症や気分障害などに効く、マルチなお薬であると言えます。

□どこが優れてる?「リスパダール」の3つのメリット

リスパダールは、どんな点が優れているでしょうか?

ウッチー

ウッチーは主に、3つの点が優れていると感じました。

それは――。

  1. 陽性症状にしっかり効果がある 
  2. 陰性症状・認知機能の改善にも有効 
  3. 剤形が豊富

このような点がメリットではないでしょうか?

それぞれ見ていきましょう。

リスパダールのメリット① 陽性症状にしっかり効果がある

リスパダールはドーパミンを抑える働きが強いです。

よって、陽性症状にしっかりと効果があります。

また、鎮静作用もあるので、興奮したり、衝動性があったりする患者さんにも有効です。

リスパダールのメリット② 陰性症状・認知機能の改善にも有効

リスパダールは陰性症状・認知機能の改善にも有効とされています。

ですので、無気力状態が続いたり、認知機能が低下したりしていると感じた時は選択の1つになるでしょう。

1つの薬で色々な作用があるので、マルチに効くお薬と言えます。

リスパダールのメリット③ 剤形が豊富

リスパダールは発売から年月経っており、いろいろなタイプのお薬が登場しています。

通常の錠剤タイプでも、ジェネリックが登場しているので、薬価が安価です。

また、持効性注射剤という「リスパダールコンスタ」とも発売されています。

このようにたくさんの種類のお薬があるのは、大きなメリットであると言えるでしょう。

リスパダールコンスタについてはコチラの記事でも詳しく解説しています↓

□注意点はあるの?「リスパダール」の2つのデメリット

リスパダールは優れたお薬の1つですが、デメリットもあるのです。

ウッチー

ウッチーは主に2つのデメリットがあると感じています。

それは――。

  1. 副作用がやや発生しやすい 
  2. 1日に2~3回の服薬が必要

この点です。

それぞれ見ていきましょう。

リスパダールのデメリット① 副作用がやや発生しやすい

詳しくは副作用の項目で紹介しますが、リスパダールは副作用が出やすいようです。

第2世代の抗精神病薬である、非定型抗精神病薬は比較的副作用が少ないのですが、リスパダールは副作用が出やすいデメリットがあります。

リスパダールのデメリット② 1日2~3回の服薬が必要

最近の抗精神病薬は1日1回の服薬でOKのものが多いです。

ただ、リスパダールは1日2~3回服薬する必要があります。

よって、服薬の管理が面倒であるという点がデメリットになるでしょう。

お薬ポケットなどを使って、飲み忘れを防ぐように工夫してください。

以上のようなデメリットがあると感じます。

ただ、メリットも多くあるので、このお薬を試す価値はあると思いました。

□やっぱり気になる!「リスパダール」の副作用

リスパダールはお薬ですから、少なからず副作用があります。

特に多いのは――。

  1. 錐体外路症状 
  2. 眠気やふらつき

などのようです。

それぞれ見ていきましょう。

リスパダールの副作用① 錐体外路症状

錐体外路症状というのは、カラダが震えたり、勝手に動いたりする症状です。

特にドーパミンを抑える作用が強いお薬に出やすくなっています。

リスパダールのドーパミンを抑える働きが強いので、このような副作用が出やすいようです。

リスパダールの副作用② 眠気やふらつき

リスパダールは鎮静作用もやや強めです。

それに合わせて、眠気やふらつきなどが出る場合があります。

特に量が増えると眠気やふらつきが出やすくなるので、この点は注意してください。

このような副作用があります。

いずれにしても、副作用が出た場合は、医師に相談するようにしましょう。

□「幻覚」「妄想」などに効果あり「リスパダール」を解説しました

今回は、「リスパダール」というお薬について紹介しました。

SDAに分類されるリスパダールは、なかなか効果の高いお薬であると言えるでしょう。

注射剤タイプのお薬も出ているので、色んな患者さんに対応していると言えます。

最後にまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきましょう。

  1. 「リスパダール」はどんなお薬なの? 
  2. 「リスパダール」の効果 
  3. 「リスパダール」の3つのメリット 
  4. 「リスパダール」の2つのデメリット 
  5. 「リスパダール」の副作用

以上5つの内容でお届けしました。

1つのお薬で色々な作用のあるリスパダールは、しっかりと統合失調症の治療ができるでしょう。

統合失調症のお薬選びで迷っている方は、ぜひ、本記事を熟読してみてください。

きっと、あなたにぴったりのお薬が見つかるでしょう。

この記事が、リスパダールというお薬を調べている方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました