一体どうして? 統合失調症になると便秘になりやすい理由や対策をまとめました

病気について

こんにちは、ウッチーです。

統合失調症になり、便秘になってしまった。

こんな風な悩みを持つ方は、意外と多くいらっしゃいます。

結論からお話しすると――。

「統合失調症になると、便秘になりやすい」

です。

これは、精神科で使われるお薬の中に、腸のぜん動運動を鈍くさせてしまうものがあるためになります。

今回は、統合失調症と便秘というテーマでウッチーが語ります。

便秘で困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本記事はこんな人にオススメ

  • 統合失調症になり便秘になってしまった方 
  • 便秘になった時の対策が知りたい方

□まずは確認! 便秘って一体どんな状態なの?

みなさんは、便秘の定義を知っているでしょうか?

まずは、便秘とはどんな状態なのか知りましょう。

便秘とは?

  1. 「3日以上排便がない状態」
  2. 「毎日排便があっても、残便感がある状態」
  3. 「本来体外に排出すべき糞便を、快適に排せつできない状態」

基本的に、このように定義されます。

またこんな症状があれば、便秘といえるでしょう。

  • 何日も排便がない
  • 便が溜まっているのに出ない
  • お腹が張って苦しい
  • 便が出てもスッキリしない
  • 便が硬くコロコロしている

このような症状がある場合は、便秘であると言えます。

では、なぜ便秘になるのでしょうか?

便秘になる理由とは?

便秘になる理由はいくつか考えられます。

例えば、下記のような理由があるようです。

  1. 食物繊維の摂取量が少ない
  2. 食事量が極端に少ない
  3. 水分をあまり摂らない
  4. ストレスが多い
  5. 精神科の薬を飲んでいる

これ以外にも多くの理由がありますが、この記事を読んでいる人は、精神科のお薬を飲んでいる方が多いでしょう。

では、どうして、精神科のお薬を飲むと便秘になりやすいのでしょうか?

次項以降、詳しく解説していきます。

□統合失調症になると便秘になりやすい理由とは?

統合失調症の患者さんは、意外と便秘になりやすいようです。

これは主に、統合失調症の治療薬である「抗精神病薬」が影響しています。

実は、抗精神病薬や、うつ症状を改善させる抗うつ薬の中には、腸のぜん動運動を低下させてしまう傾向があるのです。

そのため、お薬を服薬すると便秘になりやすいのです。

また、手足の震えなどを抑える「抗パーキンソン薬」も便秘になりやすいので注意が必要。

統合失調症の方が便秘になりやすい理由

  • お薬の副作用で腸のぜん動運動が低下しているため
  • 生活リズムが乱れているため
  • 食生活が偏っているため
  • ストレスが多いため

このような理由が重なって便秘になりやすいのです。

では、便秘が辛い時はどんな対策を取ればいいのでしょうか?

□これが一番知りたい! 便秘の解消法とは?

統合失調症になり便秘が辛い!

そんな時は、どんな対策を取ればいいのでしょうか?

いくつかの対策があるので、コチラでご紹介します。

それは――。

  1. 便秘薬を使う
  2. 生活習慣を見直す
  3. 食事を見直す
  4. 運動を取り入れる

このような対策があります。

1つずつ見ていきましょう。

便秘の対策① 便秘薬を服用する

どうしても便秘が辛い時は、医師に相談しましょう。

その上で、医師が処方する便秘薬を服薬してください。

ここでポイントになるのは、ドラッグストアなどで購入できる便秘薬に頼らないことです。

市販されている便秘薬は、腸を刺激する作用が強いので、段々と刺激にカラダ慣れてしまいます。

こうなると、余計に下剤が効きにくくなり、便秘が悪化するのです。

その反面、医師が処方する下剤は、このような作用が少なく、長期間服薬しても問題ないようになっています。

したがって、下剤は医師に相談して正しく使うようにしましょう。

便秘の対策② 生活習慣を見直す

まず効果的なのは、決まった時間にトイレに行くことです。

この時、便意がなくてもトイレに行ってください。

これを毎日繰り返すと、自然とその時間に便意が来るようになります。

また、ストレスを溜め込まないというもの対策の1つです。

日ごろからストレスを溜めないように、発散方法を見つけるといいでしょう。

さらに、生活リズムはしっかりと整えてください。

昼夜逆転したり、昼間で眠ったりしている生活は、腸の動きを悪くしてしまいます。

便秘の対策③ 食事を見直す

腸内環境が悪化すると、便秘になりやすいです。

したがって、腸内環境を整えるような食事生活にシフトさせましょう。

具体的には、ヨーグルトや発酵食品を食べるようにしてください。

発酵食品は、キムチ、納豆、みそ、ぬか漬けなどです。

これらの食品に含まれる「乳酸菌」が、便秘の解消につながります。

また、善玉菌のえさになる、食物繊維やオリゴ糖などを摂るもの効果的。

豆類、芋類、野菜、果物、海藻、こんにゃくなどをバランスよく食べるといいでしょう。

腸を刺激し、排便を促してくれます。

ただ、やみくもに食べまくるというものよくありません。

自分に合った量を調整して食べるようにしてくださいね。

便秘の対策④ 運動を取り入れる

1日10分程度でいいので、運動の習慣をつけるのも便秘の対策になります。

運動をすると、血流がよくなり、腸の動きが活発になるのです。

カラダをひねるストレッチや、腹筋を鍛えたりすると効果的。

少しずつ運動を取り入れていくと、便秘の解消に繋がっていくでしょう。

□便秘になっても焦らないで! 対策はあるので確認しよう

今回は、統合失調症の患者さんに多い便秘についてまとめました。

抗精神病薬を使うと、副作用で便秘になってしまう方が多いようです。

ただ、便秘になったとしても対策はあります。

本記事では、便秘になる理由や対策をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

最後にまとめとして本記事で紹介した内容を振り返っていきます。

  1. まずは確認! 便秘って一体どんな状態なの? 
  2. 統合失調症になると便秘になりやすい理由とは? 
  3. これが一番知りたい! 便秘の解消法とは?

適切に便秘薬を使ったり、あるいは、食生活を見直したりするだけでも効果があります。

なるべくわかりやすく記事をまとめましたので、参考にしていただければ幸いです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました