知っておくと使える! 統合失調症で「吐き気」が出た場合の対処法

薬・副作用について

こんにちは、ウッチーです。

「統合失調症になってから、吐き気が出るようになった」

と、このような悩みを抱える当事者は多いです。

実は――。

「統合失調症になると色々な要因が重なり吐き気が出る場合がある」

ウッチー自身、療養中に吐き気が出て困った経験があります。

ですので、統合失調症になり、吐き気で悩んでいる方の気持ちはよくわかります。

今回は、統合失調症の背景にひそむ「吐き気」について解説します。

ウッチー

実際に吐き気を体験し、克服してきたウッチーが、吐き気の原因、対処法などをまとめていくので、確認しましょう。

この記事が、統合失調症になり吐き気で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

□統合失調症になると「吐き気」が出やすいのはどうして?

統合失調症を患うと、吐き気をもよおすという方が結構いらっしゃいます。

実は、ウッチーも過去、吐き気で困っていました。

しかし、一体どうして統合失調症になると吐き気が出てしまうのでしょうか?

ウッチー

ウッチーは、統合失調症の「吐き気」の理由が、主に2つあると考えています。

それは――。

  1. お薬の副作用
  2. ストレス

この2つが関係していると感じています。

1つずつ見ていきましょう。

統合失調症で「吐き気」が出る原因① お薬の副作用

統合失調症の吐き気の原因で、一番大きなものは、やはり、お薬の副作用です。

統合失調症の治療は、基本的に薬物療法になります。

ですから、お薬を飲み続けなければならないのです。

その過程で、どうしても副作用が出る場合があります。

そして、その副作用の中に「吐き気」というものがあるのです。

実は、統合失調症のお薬の中には、のどの水分を奪ってしまうものがあります。

のどの水分が奪われると、カラカラした状態になり、吐き気が出やすくなるのです。

特に、統合失調症のお薬には、のどの渇きを発生させるものあります。

また、お薬を始めて、初期の頃に吐き気は発生しやすくなっているのです。

お薬がまだ、カラダにあっていないと、その弊害として、吐き気が発生する場合があります

ですから、お薬の飲み始めは特に注意しておくといいでしょう。

統合失調症で「吐き気」が出る原因② ストレス

統合失調症を患うと、結構ストレスと抱える生活を送ります。

特に療養中は、見えないストレスが多いので、注意する必要があるのです。

例えば、こんなことがあるとストレスになります。

  • 働いていない焦燥感
  • 病気が治らないのでは? という漠然とした不安
  • 社会から取り残されている孤独感

このようなことを考え始めると、それがストレスにつながります。

そして、過度なストレスは、「吐き気」を発生させるのです。

ストレスや不安を抱えると、カラダの守るために「交感神経」が活性化します。

こうなると、胃の収縮が激しくなり、吐き気やむかつきが起こるのです。

また、ストレスを過剰に受けると、胃液が多く分泌されるので、結果的に吐き気につながります。

□「吐き気」が出た時は副作用止めを飲むのが一般的

統合失調症で「吐き気」が発生した場合、多くは吐き気止めを服薬します。

もっともスタンダードなのは――。

  • 「ノバミン」
  • 「ドンペリドン」
  • 「メトクロプラミド」

と、いうお薬たちです。

ノバミンというお薬は、主に心の不調や不具合を調整してくれます。

気持ちを穏やかにする効果があるのですが、吐き気止めとしても処方されるのです。

これに対し、「ドンペリドン」「メトクロプラミド」は胃腸薬に近くなっています。

主に、消化管の機能をよくする効果があるのです。

ウッチー

ウッチーも「吐き気」が出た時は、吐き気止めを飲み、対処しました。

吐き気止めを飲むと、いくぶんか気持ちが楽になります。

ただ、飲むお薬の量が増えるので、できるかぎり必要な時だけ飲むようにするといいです。

薬の数が増えるほど、どうしても別の副作用が出てしまうので、その辺は注意してください。

いずれにしても、統合失調症で「吐き気」が出たら、まずは医師に相談しましょう。

その結果、吐き気止めを処方されて、対処していくという流れになります。

□「吐き気」が出た場合のお薬以外の対処法は?

統合失調症で「吐き気」が出た場合、多くは吐き気止めを飲むが一般的です。

ですが、あまりお薬に頼りたくないという方も多いでしょう。

ウッチー

ウッチー自身、吐き気止めは本当にしんどい時だけ服薬していました。

その経験を踏まえて、お薬以外の吐き気の対処法を解説していきます。

基本的に、次のような方法を試して効果がありました。

  1. 我慢せずに吐く
  2. 1時間ほど横になる
  3. 冷たい水を飲む

以上の方法です。

1つずつ見ていきましょう。

「吐き気」が出た時の対処法① 我慢せずに吐く

吐き気が出て、吐きそうになったら我慢せずに吐いた方がいいです。

吐くと、気持ちが落ち着きますし、症状がある程度回復します。

ただ、外出中はそんなに簡単に吐けません。

そんな時は、エチケット袋を持ち歩くようにしましょう。

ウッチー

ウッチーも吐き気がひどかった時は、カバンの中にビニール袋を入れて歩いていました。

「吐き気」が出た時の対処法② 1時間ほど横になる

吐き気が出やすいのは、主に療養中だと思います。

ですから、素直にカラダを休めると効果的です。

1時間程横になるだけで、結構回復するので試してみましょう。

もしも、横になる場所がない時は、壁にもたれるだけでも効果的

カラダをリラックスさせると、いくぶんか吐き気が落ち着きます。

「吐き気」が出た時の対処法③ 冷たい水を飲む

吐き気が出た時は、冷たい水を飲むと効果があります。

ただ、これには少し注意があります。

一気に飲むのではなく、少しずつゆっくり飲むようにしてください。

胃のむかつきが抑えられるので、吐き気が結構治まります。

ですが、大量に水を飲むと、余計に気持ち悪くなってしまうので、たくさん飲むのは止めましょう。

以上のような対策がありますので、ぜひ、参考にしてみてください。

□「吐き気」が続くようなら「自律神経失調症」を疑おう

経験上、統合失調症の吐き気は、そんなに長く続きません。

多くの場合、薬を飲み始めたばかりの頃に起きます。

そして、少しずつ薬があっていけば、自然と吐き気は治まるのです。

しかしながら、吐き気が続く当事者も多くなっています。

そんな時は、「自律神経失調症」を疑ってください。

特にストレスから「吐き気」が発生していると、心やカラダにさまざまな不調が出るようになります。

例えば、吐き気と一緒にこんな症状がありませんか?

  • 疲れやすい
  • カラダがふらつく
  • 朝起きられない
  • 夜すぐに眠れない
  • 微熱がある
  • 食欲がない

このような症状が出ている場合は、自律神経が乱れている可能性があります。

統合失調症になると、ストレスや不安から自律神経が乱れることがよくあるのです。

ですから、吐き気がなかなか治まらない時も、クリニックを受診しましょう。

担当の医師に、症状を伝えて、一緒に解決策を探ってください

自律神経失調症でもお薬を服薬すれば、回復します。

よって、吐き気が続くようであれば「自律神経失調症」を疑ってみるようにしてください。

□「吐き気」に苦しんだ時期があるウッチーの体験談

ウッチー

ウッチー自身、統合失調症になり、吐き気を経験してきました。

薬の副作用もありますが、やはり不安感が強かった時に、吐きそうになっていたのです。

統合失調症になると、環境が変わる場合が多いでしょう、

例えば――。

  • 入院する
  • 療養のため実家に戻る
  • 仕事や学業を辞めたり休んだりする

このようにそれまでの環境から一気に変わってしまいます。

また、初めて飲む抗精神病薬にも戸惑うケースがあるでしょう。

ウッチー

ウッチーが一番吐き気が強かったのは、退院して実家に戻って療養した時です。

それまで一人暮らしをしていたので、実家に戻り環境は変わりました。

また、障害を患い、人生が終わってしまったと不安になった時期だったのです。

特に周りの人間はバリバリ働いているのに、自分は何もできない。

これが、ウッチーを苦しめました。

  • 働きたいけれど、働けない
  • 病気が治らなかったらどうしよう

など、とにかく不安を抱えていました。

このような状態では、ストレスが大きくなり、結果的に吐き気という形で、カラダが悲鳴を上げるのです。

ですが、「吐き気」は必ず治まります。

ウッチー

ウッチーは吐き気止めを飲み、自分の障害を理解しようと思い始めてから、少しずつ吐き気がなくなっていきました。

「少しずつよくなっているし、いつか必ず働くんだ!」

と、いう気持ちを持ち続けたのです。

確かに療養中はストレスが多く、薬の量も増えています。

そんな環境なので、どうしても吐き気は出やすくなるでしょう。

それでも、回復が進めば、必ず吐き気は少なくなっていきます。

ウッチーは療養を進めていくうちに、吐き気がなくなり、吐き気止めも飲まなくなりました。

ですので――。

「必ず回復するから大丈夫」

この気持ちを強く持つようにしてください。

どうしても辛い時は、医師を利用する。

そして、自分でも病気の理解を進め、さらにストレスを発散させていく。

このようにしていけば、きっと「吐き気」は治まるでしょう。

ウッチー

ウッチーは現在、吐き気はなくなっていますし、安定して生活ができています。

その日が必ず来るので、安心してくださいね。

□統合失調症で「吐き気」が出ても冷静に対処しよう

今回は統合失調症の療養中に発生しやすい「吐き気」について語りました。

ウッチー

ウッチーも、吐き気が辛かった時期があります。

ですので、吐き気で苦しんでいる方も気持ちはよくわかるのです。

本記事では、統合失調症になり吐き気が出る原因や対策をまとめました。

基本的に吐き気止めを飲むのが一般的ですが、それ以外にも対処法はあります。

詳しく解説してきたので、あわせて参考にしてみてください。

最後にまとめとして、本記事で紹介してきた内容を振り返っていきます。

  1. 統合失調症になると「吐き気」が出やすいのはどうして?
  2. 「吐き気」が出た時は副作用止めを飲むのが一般的
  3. 「吐き気」が出た場合のお薬以外の対処法
  4. 「吐き気」が続くようなら「自律神経失調症」を疑おう
  5. 「吐き気」に苦しんだ時期があるウッチーの体験談

以上5つの内容でお届けしました。

どうしても辛い場合は、迷わず医師の診察を受けてください。

その上で、コチラで紹介した対策などを試すと、効果があるでしょう。

この記事が、統合失調症になり吐き気で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました