「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」を読んだ感想をまとめました

統合失調症に関する書籍

こんにちは、ウッチーです。

統合失調症の書籍は色々ありますが、どれがオススメでしょうか?

今回はウッチーが読んだ本の中で、よかったなと思ったものをご紹介します。

その名は――。

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」

という書籍です。

この本は特に病識を持つ重要性を説いています。

ですので、病識が薄く、治療に参加したがらない患者さんには有効です。

この記事では、そんな「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」という書籍の概要を紹介しつつ、オススメのポイントをまとめます。

それでは、早速見ていきましょう!

本記事はこんな人にオススメ

  • 統合失調症の勉強がしたいと考える患者さんや家族 
  • 病識が薄くいい加減な治療をしていると感じる患者さんや家族

□「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」ってどんな本?

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」の概要

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」は、2015年に星和書店より出版された、統合失調症の専門書です。

著者は精神科医の渡部和成さん。

本書では、統合失調症の症状の説明というよりも、どうやって、病気と付き合っていけばいいのか? この点に重きが置かれています。

よって、統合失調症を抱えても、自分らしく生きるためには、何が必要なのか? 

このような情報が書かれています。

そして、こんな風にして、統合失調症を受け入れていくためには、何よりも病識を持つ必要があるのです。

同時に、本書では病識を持つ重要性を説いています。

患者さんはもちろんですが、家族も協力して病気と付き合う必要があるでしょう。

統合失調症を数多く見ていた渡部さんが――。

  • 「治療で気になること」
  • 「急性期後の安定期で気になること」
  • 「回復に向けて気になること」

などを中心にまとめてあります。

統合失調症を患ったすべての人に捧げる、オススメの本であると言えるでしょう。

著者 渡部和成さんってどんな人?

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」の著者は、精神科医の渡部和成さんです。

渡部さんは、名古屋市立大学の医学部を卒業されています。

その後、アメリカのカリフォルニア工科大学の生物学部で学びます。

帰国後は、愛知県の八事病院に勤務され、精神科の医師になりました。

また、2014年からは、新潟県の田宮病院の院長として患者さんを治療しています。

専門は統合失調症の治療であり、統合失調症の専門家でいらっしゃいます。

統合失調症の専門書も数多く執筆されており――。

  • 「統合失調症から回復するコツ―何を心がけるべきか」2009年
  • 「統合失調症に負けない家族のコツ―読む家族教室」2010年
  • 「統合失調症からの回復を願う家族の10の鉄則」2011年

全て、星和書店刊

などの書籍を多数出版されています。

ウッチーの評価

わかりやすさ

評価 :3.5/5。

よみやすさ

評価 :3/5。

専門性

評価 :4/5。

総合評価

評価 :3.5/5。

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」の購入はコチラから

□「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」の3つのメリット

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」はどんな点が優れているでしょうか?

ウッチー

ウッチーは主に、3つのメリットがあると考えます。

それは――。

  • 病識を持つ重要性がわかる 
  • 家族が一緒に治療に参加する必要性が知れる 
  • 回復に向けて何が必要かわかる

などの点が優れていると感じました。

それを見ていきましょう。

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」のメリット① 病識を持つ重症性がわかる

統合失調症の治療は、いつも言われるままではいけません。

漠然と治療に参加していても、治療効果は上がりません。

統合失調症の治療には、患者さん本人が、病識を持つ必要があるのです。

病識というのは、自分が病気だと自覚し、それについて調べることを指します。

このようにして、自らも治療に参加する姿勢が必要になってきます。

また、病識が高い患者さんほど、予後がよいので、後の生活も安定してくるのです。

本書では、そんな病識を持つ重要性を説いています。

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」のメリット② 家族が一緒に参加する必要性が知れる

統合失調症の治療は家族が一緒に参加すると効果的です。

実は、家族が治療に無頓着ですと、患者さんの様態も安定しません。

但し、このバランスが重要です。

患者さんを気遣うあまり、過保護になりすぎるのも問題になります。

本書では、家族が一緒になって治療に参加する重要性を説いています。

患者さんをそれとなくサポートしつつ、口出しし過ぎない必要があるのです。

時間をかけて患者さんの悩みを聞いていあげると、治療効果も上がるでしょう。

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」のメリット③ 回復に向けて何が必要かわかる

回復するうえで、調子が悪くなるケースも十分考えられます。

統合失調症はスムーズに回復するというよりも、一歩進んで二歩下がるような、ゆっくりとした回復スピードなのです。

その過程で、調子を崩した時、どのように対処すればいいのでしょうか?

本書では、回復に向けて必要なことが解説されています。

例えば――。

  • 調子が悪くなった時の対処法
  • 働く時のポイント
  • 診察時の医師の活用の仕方

など、詳しく書かれているので、読めば回復向けて何が必要になるのかわかるでしょう。

以上の点がメリットであると感じました。

あわせて参考にしてみてくださいね。

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」の購入はコチラから

□「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」のデメリット

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」は優れた書籍です。

しかしながら、若干の注意点もありますので見ていきましょう。

大きな注意点は――。

「基本活字の構成であり図説などは少ない」

ということが言えるでしょう。

実を言うと、「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」という書籍は、ほとんど活字で構成されています。

文章がほとんどなので、本に読み慣れていないと、読むのに疲れてしまうかもしれません。

解説で表がつくページもあるのですが、表もイラストではなく活字なので、文字ばかりになります。

読みやすいさにこだわるのであれば、本書は注意した方がいいでしょう。

ただ、わかりやすく書かれているので、本に読み慣れている方であれば、問題なく読み通せるでしょう。

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」の購入はコチラから

□「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」を読んで勉強しましょう

今回は、「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」という書籍を紹介しました。

情報量が多く、統合失調症の専門医の生の声が聞ける内容になっています。

最後にまとめとして、この記事で紹介した内容を振り返っていきましょう。

  1. 「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」ってどんな本? 
  2. 「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」の3つのメリット 
  3. 「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」のデメリット

以上3つの内容でお届けしました。

統合失調症の治療は、スムーズにいかないケースが多いです。

そんな時は、このような書籍を読んで、色々な角度から病気を勉強するといいでしょう。

そうすれば、きっとあなたも病気もよくなっていくはずです。

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」は、とてもオススメの本なので、ぜひ読んでみてくださいね。

この記事が、「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」という書籍について調べている方の参考になれば幸いです。

「専門医がホンネで語る統合失調症治療の気になるところ」の購入はコチラから

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました