やっぱり楽しいが一番! 統合失調症のリハビリに「麻雀」を取り入れてみよう

就職・サービス・治療法について

こんにちは、ウッチーです。

みなさんは、「麻雀」をプレイしたことがあるでしょうか?

麻雀というと、賭け事というイメージが先行しているかもしれません。

しかし、近年脳のリハビリに有効であるという研究データも増えてきています。

つまり、麻雀をすることで、統合失調症のリハビリにもつながっていくのです。

この記事では、麻雀を取り入れた治療法を「麻雀療法」と名付け、色々解説していきます。

それでは、早速見ていきましょう。

本記事はこんな人にオススメ

  • 統合失調症のリハビリを始めようと考えている方 
  • リハビリとして麻雀をしてみたいと考える方

□一体何?「麻雀療法」について知ろう

まず最初に断っておきたいのは、麻雀療法というのは、正式な言葉ではありません。

統合失調症のリハビリに麻雀が有効ということで、本記事では便宜的に「麻雀療法」と名付けます。

それを踏まえて、麻雀療法とはどんな治療法なのか見ていきましょう。

麻雀療法とは?

麻雀療法とは、文字通り麻雀を楽しむことでリハビリを勧める治療法です。

実は、麻雀はアルツハイマー型認知症の予防や治療の効果があると言われています。

2012年の中国の研究チームによる実験において、麻雀のリハビリ効果が証明されたのです。

この実験は、アルツハイマーの患者さん100人を対象にしています。

2つのグループにわけ――。

  • 1つのグループは週に4回麻雀をする
  • もう1つのグループは週に2回麻雀をする

と分けました。

そして、5ヶ月後に思考力や記憶力のテストをしたのです。

その結果によると、週に4回麻雀をしたチームの方が、成績がよかったとしました。

つまり、麻雀がアルツハイマー患者に与える影響は優れたものがあるということでしょう。

このように、医学的に麻雀が研究されたのは、今回の実験が初めてであり、かなり注目されました。

統合失調症も脳の病気なので、衰えた認知機能などを改善させる効果があるのではないでしょうか?

参考にしたニュース記事はコチラです。

□どこが優れてる?「麻雀療法」の3つのメリット

麻雀療法はどんな点が優れているでしょうか?

ウッチー

ウッチーは主に、3つの点が優れていると感じました。

それは――。

  1. 楽しい 
  2. 交流が広がる 
  3. 認知機能の改善になる

などのメリットがあります。

それぞれのメリットを見ていきましょう。

麻雀療法のメリット① 楽しい

麻雀をやったことのある方ならわかると思いますが、麻雀は楽しいゲームです。

よく雀荘で1日中麻雀を打っている人がいますが、そのくらい熱中してしまいます。

統合失調症になると、何かに熱中するということが少なくなります。

こうなると、日々の楽しみが少なくなるので、治療にはよくありません。

麻雀療法を実践すれば、日常生活の中に「楽しい」が生まれるので、治療にも前向きになれるでしょう。

麻雀療法のメリット② 交流が広がる

麻雀は1人でするゲームではありません。

パソコンなどを使えば、1人でも楽しめますが、麻雀療法では、実際の牌を使って人間同士で楽しみます。

ですから必然的に他人と交流する機会が生まれるのです。

統合失調症になると、孤独を感じる方も意外と多くいらっしゃいます。

そんな中、麻雀を通して、他者と交流が生まれると、治療効果も上がるでしょう。

やはり、人と接することで、コミュニケーション能力が改善したりするのです。

麻雀療法のメリット③ 認知機能の改善になる

麻雀をするとよくわかるのですが、意外と頭を使います。

  • この牌を切ったら危険かもしれない
  • あの牌が出たから別の牌で待ってみよう

など、思考力が刺激されます。

もちろん、最初からこのように考えを巡らせるのは難しいかもしれません。

それでも、麻雀を通すことで、少しずつ思考力や理解力が回復してくるのです。

これが、衰えた認知機能を改善させる効果があります。

既に紹介していますが、麻雀はアルツハイマーにも有効といわれているのです。

ですから、統合失調症のリハビリにはかなり有効であると言えるでしょう。

以上の点が優れていると感じました。

あわせて参考にしてみてください。

□どんな点が注意?「麻雀療法」のデメリットとは?

麻雀療法は優れた点が多いリハビリです。

しかしながら、注意すべき点もあります。

それは――。

「ルールを覚えるのが少し大変」

ということが言えるでしょう。

麻雀はある程度役の構成がわからないと、ゲームが楽しめません。

ですから、最初はわかりやすい役から順に覚えていく必要があります。

最初からすべての役を覚えるのは難しくても、上がりやすい役から覚えていくと、治療効果が上がります。

また、最初は慣れている人が横についてあげて一緒に麻雀を楽しむと、ルールがわからなくても麻雀をプレイできるでしょう。

このような若干の注意点がありますが、やっていくうちに覚えていくものなので、あまり緊張せずに楽しんでくださいね。

□やっぱり気になる!「麻雀療法」ができる場所

麻雀療法はどこでできるのでしょうか?

治療をメインに考えるのであれば、デイケアなどがオススメです。

デイケアは精神に障害を抱えた方に向けた日帰りのリハビリのサービスになります。

色々なプログラムが展開されていますし、治療者の専門家なのでいいリハビリになるでしょう。

また、地域の麻雀教室に通うとい手段も取れます。

ただ、麻雀教室は、少し年齢層が高いので若い人は難しいかもしれません。

よって、オススメはデイケアを選ぶと、効果的なリハビリができるでしょう。

デイケアについてはコチラの記事でも詳しく解説しています↓

□麻雀療法を通して統合失調症のリハビリを進めましょう

今回は、麻雀療法というリハビリをご紹介しました。

楽しくできるので、受けてみると治療効果が上がるでしょう。

最後にまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきましょう。

  1. 「麻雀療法」について知ろう 
  2. 「麻雀療法」の3つのメリット 
  3. 「麻雀療法」のデメリットとは? 
  4. 「麻雀療法」ができる場所

以上4つの内容でお届けしました。

麻雀療法は、近年注目されているので、色々な場所で受けられるようになっています。

リハビリとしてとても有効なので、ぜひ、本記事を参考にしてみてくださいね。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました