「心理社会的療法」について知り治療を前向きに進めましょう

就職・サービス・治療法について

こんにちは、ウッチーです。

今回は、統合失調症の治療に有効な「心理社会的療法」についてご紹介します。

実は、心理社会的療法にはいくつかの種類があるのです。

そして、心の悩みに働きかけて、気持ちを楽にしてくれます。

統合失調症になると、どうしても気分が塞ぎ込んだり、辛くなったりするので、このような心理社会的療法は、かなり有効な治療法になると言えるでしょう。

この記事が、心理社会的療法について調べている方の参考になれば幸いです。

本記事はこんな人にオススメ

  • 統合失調症になり心の悩みを抱えている方 
  • 心理社会的療法を受けたいと思っている方

□一体何なの?「心理社会的療法」とは?

まずは、心理社会的療法がどんな治療方法なのか見てきましょう。

精神の病気には――。

  1. 脳の不調
  2. 心の悩み

この2つがあります。

同時に、この2つの状態は、別々のことを指すわけではありません。

1つの病気を2つの見方から見たものなのです。

よって、どちらも病気を知るためには重要な面と言えるでしょう。

精神の病気は、この2つの面に働きかけます。

まずは薬物療法。

これは、脳の不調に働きかけて、気持ちを楽にしてくれます。

ですが、治療はこれだけでありません。

心の悩みに働きかけて、脳の不調を回復させる。

それが――。

「心理社会的療法」

になります。

脳に働きかけると、心に変化が生まれます。

これは少しわかりにくいですが、記憶や学習を考えると上手くまとめられます。

例えば、私たちは経験したことを記憶したり、学んだことを身につけたりできます。

これは当たり前のようですが、脳の働きによるものです。

心に働きかけて、脳を変えることができるのは人間だけになります。

大勢の前で話すと時、ドキドキするとしましょう。

そんな時は、深呼吸したり、準備したのだから大丈夫だと言い聞かせます。

この緊張は脳の働きによるものです。

しかし、その脳の働きを、自分で意識して変えられるのが人間の特徴。

当たり前ではなく、素晴らしい能力と言えるでしょう。

そして、この能力を精神科の病気に活かしていくのが、心理社会的療法です。

□「心理社会的療法」はどうやって治療を進めるのか?

では、どうやって心に働きかけるのでしょうか?

これは治療者と患者さんの関係が重要になります。

安心と信頼関係を築く必要があるのです。

患者さんが治療者に対し、安心して何でも話せるような環境づくりが重要。

これを支持的精神療法とも言います。

支持的精神療法についてはコチラの記事で詳しく解説しています↓

そうすると、患者さんも自分の心の感情に気づけるようになるのです。

ちなみに、自分の心の中でも、考え方にスポットを当てて、変化を加えることを認知行動療法といいます。

このようにして、病気についてよく知っていくと、治療を進めやすくなるのです。

まずは、心を変える方法を感じ取る。

そのためには、行動を変えることから始めるといいでしょう。

自律訓練法や森田療法などが、有名です。

こうして、自分の心の特徴を感じ取り、見つめ直していくのが、心理社会的療法と言えるでしょう。

つまり、心に直接働きかける療法なのです。

またそれ以外には、ピアカウンセリングや集団療法、家族療法なども立派な心理社会的療法と言えます。

家族療法についてはコチラの記事で詳しく解説しています↓

以上のような治療方法は、医療における治療の枠組みを超えて、発展しているのです。

□目標を持って「心理社会的療法」を進めるとさらに効果的

何か目標を持って、それを目指していく。

このような姿勢も、心に働きかけられます。

目標に向けた一連の流れが、そのまま心に働きかけられるのです。

例えば、病気についてよく知り、コントロール方法を身につけるやり方も、心理社会的療法の1つです。

また、それ以外にも、対人関係が上手になりたいと感じれば、SSTなどを実践するといいでしょう。

このようなプログラムを実践していくと、治療にも前向きになれますし、確かな効果があるのです。

同時に、以上のようなさまざまな心理社会的療法をやっているのが、デイケアです。

デイケアは精神に障害を抱える方に向けた、日帰りのリハビリサービスになります。

このようなサービスを利用すると、色々な心理社会的療法を受けられるでしょう。

デイケアについてはコチラの記事で詳しく解説しています↓

□「心理社会的療法」を受ける時の3つのポイントとは?

ここまで色々な療法名前が出てきたので、戸惑ってしまったかもしれません。

しかしながら、どの療法にも共通しているポイントがあります。

それは――。

  1. 自分で知ることが力になる
  2. 行動に結びつけられるようになる
  3. 色々な人の力を合わせる

このようなポイントです。

1つずつ見ていきましょう。

心理社会的療法のポイント① 自分で知ることが力になる

病気についてよく知るというのは、大きな力になります。

自分の特徴や長所に気づけますし、苦手な部分も学べるでしょう。

それを踏まえて、対処法やコツなどを発見できるのです。

これらはすべて自分が中心になって進めると、大きな力になるのです。

心理社会的療法のポイント② 行動に結びつけられる

色々な療法を受けていくと、さまざまな知識が身につきます。

頭で理解するだけでは限界があるのです。

また、生活の中で実践できるようにカラダで覚えていきます。

同時に、このようにして身につけた能力は、本当に困ったときに役に立つでしょう。

心理社会的療法のポイント③ 色々な人の力を合わせる

心理社会的療法は、自分だけが頑張るわけではありません。

実は、この治療法には多くの協力者がいます。

例えば――。

  • 家族
  • 医療関係者
  • 友人

このような人たちの支えがあって、回復の道がひらくのです。

色々な人の力を合わせると、きっと回復も早まっていくのでしょう。

□薬物療法と並行して「心理社会的療法」を取り入れると効果的

統合失調症の治療の基本は薬物療法になります。

しかし、薬物療法だけですと、どうしても回復は遅くなってしまうのです。

それは、薬物療法だけでは、心の悩みを解決できないから。

薬物療法と心理社会的療法は、まったく別々の役割を持っているのです。

よって、どちらら片方だけをするのではなく、並行して両方実践した方が、効果があります。

つまり、1つの治療をするだけよりも、2つとも合わせた方が、効果が高いというわけです。

薬物療法は、脳の全体に働きかけます。

これに対して、心理社会的療法は、病気の影響を受けている気持ちや考え方に焦点を当てるのです。

この2つの治療方法を組み合わせれば、相乗効果で回復が早まるでしょう。

□「心理社会的療法」を学び治療を進めていきましょう

今回は、統合失調症の治療に有効な「心理社会的療法」についてご紹介しました。

色んなリハビリや治療法がありますが、心の悩みの解決にスポットを当てたのが、心理社会的療法です。

最後にまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきましょう。

  1. 「心理社会的療法」とは? 
  2. 「心理社会的療法」はどうやって治療を進めるのか? 
  3. 目標を持って「心理社会的療法」を進めるとさらに効果的 
  4. 「心理社会的療法」を受ける時の3つのポイントとは? 
  5. 薬物療法と並行して「心理社会的療法」を取り入れると効果的

以上5つの内容でお届けしました。

くり返しになりますが、心理社会的療法は、心の悩みを解決してくれる療法です。

薬物療法と並行して行えば、きっと確かな効果があるでしょう。

治療の主人公になるのはあなたです。

ぜひ、この記事を参考にして、治療を進めてくださいね!

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました