統合失調症の副作用?「ウェルニッケ脳症」という病気の関係に迫る

病気について

こんにちは、ウッチーです。

インターネットで、統合失調症について調べていたら、こんな記事(ニュース)がありました。

それは――。

「統合失調症の副作用で、ウェルニッケ脳症に近い症状が発症」

う~ん。

ウェルニッケ脳症って何なんでしょうか?

ウッチー

ウッチーはそんなに頭がよくないのですが、気になったので調べてみました。

今回は、統合失調症とウェルニッケ脳症に関係について迫ります。

この記事が統合失調症の副作用を調べている方の参考になれば幸いです。

本記事はこんな人にオススメ

  • 統合失調症の副作用を調べている方 
  • ウェルニッケ脳症とはどんな病気なのか調べている方

気になった元ネタとなっているニュースはコチラです

□そもそも「ウェルニッケ脳症」とはどんな病気?

結論からお話しすると――。

ウェルニッケ脳症とは――。

  • 意識障害
  • 眼球運動障害
  • 運動失調

などの、症状が現れる病気です。

そして、基本的には――。

「統合失調症とはあまり関係がありません」

ですので、「統合失調症」「ウェルニッケ脳症」と調べても、ほとんど情報は出てきません。

ただ、このウェルニッケ脳症のような症状が、統合失調症の副作用として出る場合があるようです。

そもそも、ウェルニッケ脳症というのは、ビタミンB1が不足しているとなりやすくなっています。

また――。

  • アルコールを多量に摂る人
  • 偏食の多い方

も、なりやすいので注意した方がいいでしょう。

上手くビタミン系のサプリメント摂ると、この症状は出なくなります。

また、ウェルニッケ脳症は認知症を引き起こすとも言われているので、注意が必要なのです。

統合失調症と栄養の関係はコチラの記事で詳しく解説しています↓

□やっぱり気になる! ウェルニッケ脳症の症状や原因とは?

少し述べていますが、ウェルニッケ脳症というのは――。

  • 意識障害
  • 眼球運動障害
  • 運動失調

などの特徴があります。

1つずつ見ていきましょう。

ウェルニッケ脳症の症状① 意識障害

ウェルニッケ脳症は意識障害が出る場合が多いです。

主に――。

  • 傾眠(軽度の意識障害の1つ)
  • せん妄
  • 錯乱
  • 昏睡

などの多種多様な症候が見られます。

ウェルニッケ脳症の症状② 眼球運動障害

続けて、眼球運動障害が出る場合もあります。

これは、外転時の障害や眼振(眼球がけいれんしたように揺れる症状)が見られることが多いです。

進行すると、全外眼筋麻痺(眼球を動かすのに支障が出る眼球の筋肉の麻痺)が起こります。

ウェルニッケ脳症の症状③ 運動失調

ウェルニッケ脳症は運動失調が出てしまいます。

特に体幹部に支障が出て、フラフラしたりしてしまうのです。

このような症状が出るのが、ウェルニッケ脳症の特徴になっています。

続けて、ウェルニッケ脳症の原因を見ていきましょう。

ウェルニッケ脳症の原因

ウェルニッケ脳症は昔からある病気です。

特に昔は食生活が悪かったので、飢餓による栄養障害が出て発症していました。

ただ、現代社会では――。

  • インスタント食品やお菓子などを食べすぎて栄養が偏る
  • アルコールの多飲

などが、原因のほとんどになっています。

特にビタミンB1が欠乏するとなりやすいので、栄養が偏っていると感じる方は、サプリメントなどを摂取するといいでしょう。

□統合失調症と「ウェルニッケ脳症」の関係とは?

では、統合失調症とウェルニッケ脳症は関係の深い病気なのでしょうか?

結論からお話しすると――。

「二つの病気は全く違います」

と、いうことが言えるでしょう。

つまり、関係が深い病気ではないのです。

ただ、統合失調症の副作用の中に、このウェルニッケ脳症のような症状が出る場合があります。

例えば――。

  • 意識障害が出る
  • 眼球運動障害が出る
  • 運動失調症が出る

などです。

よって、あまり関係のない病気同士ですが、微妙なところでつながっていると言えるでしょう。

ちなみに、このような副作用が出た時は、副作用止めを飲むのではなく、ビタミンB1などのサプリメントや、「チアミン」というビタミンB1を補給してあげると、症状が治まるようです。

ですので、そこまで心配する副作用ではないでしょう。

□「ウェルニッケ脳症」の意識障害が統合失調症の妄想に似ている?

ウッチー

ウッチーは、統合失調症の副作用でウェルニッケ脳症のような症状が出ると、知った時、ウェルニッケ脳症について調べました。

その結果――。

「統合失調症の妄想に似ているのでは?」

と、感じました。

ウェルニッケ脳症では意識障害があります。

そして、せん妄があると言われているのです。

せん妄の症状には、「幻覚」「妄想」がありますよね。

特に統合失調症は一次妄想と呼ばれる「妄想」が出やすいです。

一次妄想というのは――。

「まったく根拠を持たない妄想のことを指す」

と、このようになっています。

例えば――。

  • 「俺はナポレオンの生まれ変わりだ!」
  • 「近所の人たちが電波で自分を攻撃している」

など、突拍子もない妄想をするようになるのです。

ウェルニッケ脳症で、このような症状が出るとは限りませんが、意識障害があるので、もしかすると、妄想が激しくなるかもしれません。

ですので、この点は統合失調症とよく似ているような気がしました。

□統合失調症とウェルニッケ脳症の関係を調査しました

今回は、統合失調症とウェルニッケ脳症の関係を調査しました。

繰り返しになりますが――。

「二つは全く別の病気です」

ということが言えます。

ただ、統合失調症の副作用で、ウェルニッケ脳症のような症状が出る場合があるようです。

また、個人的には、ウェルニッケ脳症のせん妄状態が、統合失調症の一次妄想に近いような感じがしました。

最後にまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきます。

  1. 「ウェルニッケ脳症」とはどんな病気? 
  2. 「ウェルニッケ脳症」の症状や原因とは? 
  3. 統合失調症と「ウェルニッケ脳症」の関係とは?
  4. 「ウェルニッケ脳症」の意識障害が統合失調症の妄想に似ている?

以上4つの内容でお届けしました。

少しだけコラム的な記事を執筆したので、いつもとは趣向が変わったかもしれません。

今後も、ウッチーが気になった統合失調症に関連するニュースをまとめていきたいと思います。

この記事が、統合失調症とウェルニッケ脳症の関係を調べている方の参考になれば幸いです。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました