色々な情報を網羅!「統合失調症 その新たなる真実」という書籍の感想をまとめました

統合失調症に関する書籍

こんにちは、ウッチーです。

統合失調症の書籍は、色々な種類があります。

今回は、新書版の統合失調症の書籍をご紹介。

それは――。

「統合失調症 その新たなる真実」

という書籍です。

新書らしく統合失調症の色々な情報が書かれています。

どんな病気なのかはもちろんですが、治療法や歴史まで、幅広く書かれているので、とても参考になるでしょう。

この記事が、「統合失調症 その新たなる真実」という書籍を調べている方の参考になれば幸いです。

本記事はこんな人にオススメ

  • 専門的に書かれた統合失調症の本が知りたい方 
  • 病識を高め治療を進めたいと考える方

□「統合失調症 その新たなる真実」ってどんな本?

「統合失調症 その新たなる真実」の概要

「統合失調症 その新たなる真実」は2010年にPHP研究所から出版された、統合失調症の専門書です。

著者は精神科医の岡田尊司さん。

統合失調症の書籍というと、結構大きなサイズのものが多いですが、コチラの本は新書になっているので、持ち運びに便利。

統合失調症に関する情報は基本的に書かれています。

統合失調症は、100人に1人かかる病ですが、まだまだ知られない部分が多く、困惑する方も多いでしょう。

この本では、統合失調症という病気の背景やメカニズムを細かく解説しています。

例えば――。

  • 治療技術
  • 回復過程

など、かなり専門的に書かれているので、統合失調症の勉強がしたい時には、この1冊があると、とても有効になるでしょう。

2010年の書籍ですが、その段階での最新の知識をわかりやすく伝えてくれるので、統合失調症を克服するために、重要な1冊になると感じます。

統合失調症と闘っていくためには、正しい知識が必要です。

正しい知識を元に、病気と闘っていければ、治療の効果も上がっていくでしょう。

本書には、病識を持つ重要性も語られています。

また、色々な患者さんの病気との向き合い方が書かれているので、とても参考になるでしょう。

この本を読めば、統合失調症の関する知識が高まりますし、病識を持てるようになります。

患者さん本人が読んでもためになりますが、家族や関係者が読んでも勉強になるでしょう。

「統合失調症 その新たなる真実」の著者 岡田尊司さんとは?

「統合失調症 その新たなる真実」の著者は、精神科医の岡田尊司さんです。

岡田さんは1960年に香川県で生まれています。

東京大学の哲学科に入学しますが中退し、その後京都大学の医学部に進みました。

現在は、京都医療少年院に勤務され、山形大学の客員教授をされています。

臨床医として、現代人の心の病に向き合い、さまざまな活動をされているのです。

主な著書に――。

  • 『パーソナリティ障害』
  • 『子どもの「心の病」を知る』
  • 『「生きづらさ」を超える哲学』

以上PHP新書

があります。

また、岡田さんは小説家としても活動しており、横溝正史賞を受賞した経歴があるのです。

小説作品としては――。

  • 『DZ』
  • 『風の音が聞こえませんか』

以上角川文庫

などがあります。

ウッチーの評価

よみやすさ

評価 :3.5/5。

わかりやすさ

評価 :4/5。

専門性

評価 :4.5/5。

総合評価

評価 :4/5。

「統合失調症 その新たなる真実 (PHP新書)」の購入はコチラから

□「統合失調症 その新たなる真実」の3つのメリット

「統合失調症 その新たなる真実」という書籍はどんな点が優れているでしょうか?

ウッチー

ウッチーは主に、3つの点が優れていると感じます。

それは――。

  1. 統合失調症という病気がわかる 
  2. 統合失調症の歴史がわかる 
  3. 統合失調症の治療法がわかる

などの点が優れていると感じました。

それぞれ見ていきましょう。

「統合失調症 その新たなる真実」のメリット① 統合失調症という病気がわかる

統合失調症は、昔に比べると、たくさんのことがわかってきました。

また、この病気には主に――。

  • 解体型
  • 緊張型
  • 妄想型
  • 未分化型
  • 残遺型

などの種類があります。

現在の統合失調症は、割と症状が軽症であり、予後もよい病気です。

本書を読めば、統合失調症がどんな病気で、どんな症状があるのかがわかります。

「統合失調症 その新たなる真実」のメリット② 統合失調症の歴史がわかる

統合失調症は歴史が古い病気です。

治療技術が、格段によくなったのはここ50年ほどなのですが、昔から統合失調症という病気は存在していました。

同時に、昔は不治の病として恐れられ、とじ込められるケースが多かったようです。

本書では、統合失調症という病の歴史が、細かく書かれています。

「統合失調症 その新たなる真実」のメリット③ 統合失調症の治療法がわかる

統合失調症の治療の基本は薬物療法になります。

つまり、お薬を使って治療を進めるのです。

統合失調症のお薬は、近年進化しており、キチンと服薬すれば、イヤな症状を抑えてくれるのです。

しかしながら、お薬の重要性を軽視している患者さんも多くなっています。

本書では、治療の基本となる薬物療法の重要性が書かれているのです。

また時期によって患者さんを支えるやり方も変わってきます。

治療の基本が細かく書かれているので、かなり参考になるでしょう。

以上のようなポイントが優れていると感じました。

「統合失調症 その新たなる真実 (PHP新書)」の購入はコチラから

□「統合失調症 その新たなる真実」のデメリット

「統合失調症 その新たなる真実」は優れた本だと感じます。

しかしながら、若干の注意点があるので、見ていきましょう。

この本の注意点は――。

「基本活字のみの構成」

という点でしょう。

親書であるので、イラストや図表などはありません。

ほぼすべてが活字で構成されているので、本に読み慣れていないのと、読むのがしんどくなってしまうかもしれません。

この本は患者さんが読んでもためになるのですが、リハビリ中の患者さんには少し難しいと思えるでしょう。

患者さんが読む場合は、ある程度回復してからチャレンジするようにしてください。

このような点がデメリットであると感じます。

「統合失調症 その新たなる真実 (PHP新書)」の購入はコチラから

□「統合失調症 その新たなる真実」を読み治療を進めよう

今回は、「統合失調症 その新たなる真実」という書籍をご紹介しました。

かなり専門的な書籍なので、確かな知識が身につくでしょう。

最後にまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきます。

  1. 「統合失調症 その新たなる真実」ってどんな本? 
  2. 「統合失調症 その新たなる真実」の3つのメリット 
  3. 「統合失調症 その新たなる真実」のデメリット

以上3つ内容でお届けしました。

新書版の統合失調症の書籍としては、とても理解しやすいのでオススメです。

ぜひ、本記事を参考にして、「統合失調症 その新たなる真実」を読んでみてくださいね。

「統合失調症 その新たなる真実 (PHP新書)」の購入はコチラから

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました