統合失調症をテーマにしたコミックエッセイ「統合失調症日記」をご紹介します。

統合失調症に関する書籍

こんにちは、ウッチーです。

今回は、統合失調症という病気をコミカルにまとめた漫画をご紹介します。

その名は、

「統合失調症日記」

という作品です。

著者は、木村きこりさん。

コミックエッセイという形式をとっており、とても読みやすくなっています。

ウッチーも、この本を読んで元気をもらえたので、今回1つの記事にして紹介します。

それでは、早速みていきましょう。

本記事はこんな人にオススメ

  • 統合失調症の闘病記が読みたい方 
  • 統合失調症を漫画で理解したい方

□「統合失調症日記」ってどんな本なの?

統合失調症日記とは?

統合失調症日記という本は、2018年の4月にぶんか社という出版社から出版されました。

タイトルからもわかる通り、統合失調症を患う患者さんの闘病記です。

著者の木村きこりさんが、統合失調症になり、どんなふうにして病気と戦ってきたのかが、コミカルに描かれています。

コミックエッセイという形式なので、とても読みやすく、すんなりと頭に入るでしょう。

統合失調症は100人に1人が罹患する、決して珍しい病気ではありません。

同時に、いろいろな症状があり、他の患者さんの症状をみてみると、意外な発見があります。

この本でも、統合失調症の患者さんなら誰でも経験のあるようなことから、少しマニアックな症状まで描かれているので、とても参考になるでしょう。

著者 木村きこりさんとはどんな人?

統合失調症日記の著者は、木村きこりさんという方です。

木村さんは、高校3年生の時に、統合失調症を発症されました。

ちょうど受験のシーズンと重なり、とても苦労したようです。

統合失調症は、若い人がなりやすい病気なので、受験や就職の時期と重なることが多くなっています。

木村さんは、統合失調症を患いながら、美大の受験を目指して、無事美大生になります。

そこで絵を描いていき、やがて漫画で統合失調症をまとめていくのです。

現在は、美術家と漫画家という二足の草鞋を履きながら、統合失調症と闘っています。

ウッチーの評価

読みやすさ

評価 :4/5。

わかりやすさ

評価 :4/5。

専門性

評価 :2/5。

総合評価

評価 :3.5/5。

統合失調症日記 (ぶんか社コミックス)の購入はこちらから

□どこがすごい?「統合失調症日記」の3つのメリットとは?

統合失調症日記は、優れた本だと感じます。

主に、3つの点が優れていると感じるので、それをみていきましょう。

それは、

  1. ライトで読みやすい 
  2. 病気についてまとめてある 
  3. 自分だけではないと勇気をもらえる

などのメリットがあると感じました。

それぞれ見ていきましょう。

「統合失調症日記」のメリット① ライトで読みやすい

統合失調症関連の本は、かなりたくさんあります。

中には、専門的なのですが、読みにくいものもあるのです。

そんな中、統合失調症日記は、コミックエッセイなので、とても読みやすい。

統合失調症になると、認知機能が低下するため、本が読みにくくなります。

しかし、そんな衰えた頭でも、この本はすんなりと読めるでしょう。

ウッチーもなかなか本が読めなくて困っていますが、この本は無事に読めました。

ですから、リハビリを兼ねて読書に挑戦したい方にもおすすめできます。

「統合失調症日記」のメリット② 病気についてまとめてある

統合失調症日記は、統合失調症という病気を、ざっくりと解説しています。

難しい表現は一切なく、わかりやすくまとめてあるのです。

統合失調症は、幻覚や妄想が多く発生します。

そして、特に幻聴が多く見られるのです。

著者の木村さんも、幻聴にはたくさん苦しめられてきました。

その上で、幻聴との付き合い方や、対策などをまとめてあります。

また病気について一通り説明があるので、かなり参考になるでしょう。

「統合失調症日記」のメリット③ 勇気をもらえる

統合失調症になると、孤独を感じる方も多いようです。

それは、治療のために、社会から一歩外れた場所で生活するためでしょう。

孤独感が強くなると、やはり、前向きには生きられません。

そんな時は、同じ病気を持つ方の生き方を参考にするといいでしょう。

苦しいのは自分だけではないと、勇気をもらえるのです。

木村さんも、病気で苦しい思いをしてきましたが、それをコミカルに漫画でまとめて、人の役に立っています。

この本を読めば、勇気が貰えますし、心の底から元気になれるでしょう。

統合失調症日記 (ぶんか社コミックス)の購入はこちらから

□ここは抑えて「統合失調症日記」の注意点とは?

統合失調症日記は優れた書籍です。

しかしながら、若干の注意点もあるので見ていきましょう。

それは、

「専門性はそこまで高くないので注意」

ということが言えるでしょう。

統合失調症日記は、コミックエッセイなので、専門的な本ではありません。

したがって、この本だけで統合失調症を勉強するのは、ちょっと難しいでしょう。

ただ、それでも最低限の知識は手に入るので、この本を基盤にして、徐々に難しい専門書に挑戦するといいかもしれません。

最初の一歩としてはとてもおすすめなので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

統合失調症日記 (ぶんか社コミックス)の購入はこちらから

□「統合失調症日記」を読んで病気と闘おう!

今回は木村きこりさんのコミックエッセイ「統合失調症日記」をご紹介しました。

コミカルに病気を解説しているので、とても参考になるでしょう。

それでは、最後にまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきましょう。

  1. 「統合失調症日記」ってどんな本なの? 
  2. どこがすごい?「統合失調症日記」の3つのメリットとは? 
  3. ここは抑えて「統合失調症日記」の注意点とは?

以上、3つの内容でお届けしました。

とてもおすすめの本なので早速読んでみましょう。

この記事が、統合失調症関連の書籍を探している方の参考になれば幸いです。

統合失調症日記 (ぶんか社コミックス)の購入はこちらから

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました