統合失調症のお薬史上初! テープ状の「ロナセンテープ」を紹介

薬・副作用について

こんにちは、ウッチーです。

「統合失調症のお薬でテープ状のタイプがあるって聞いたけどホント?」

と、このような疑問を覚える方も多いようです。

結論からお話しすると――。

「テープ状のお薬はあります。そして、それは、ロナセンテープと呼ばれているのです」

今回は、統合失調症のお薬の中ではかなり珍しいロナセンテープをご紹介します。

一体、ロナセンテープとはどのようなお薬なのでしょうか?

この記事が、ロナセンテープについて調べている方の参考になれば幸いです。

本記事はこんな方にオススメ

  • ロナセンテープについて調べている方 
  • 錠剤タイプのお薬が合わずに悩んでいる方

□一体どんなお薬?「ロナセンテープ」とは?

ロナセンテープは、抗精神病薬の1つである「ロナセン」をテープ状にしたお薬です。

そこで、まずはロナセンがどんなお薬なのか見ていきましょう。

ロナセンとは?

ロナセンは、第二世代の抗精神病薬です。

別名、非定型抗精神病薬といいます。

ドーパミンだけでなく、セロトニンもブロックしてくれます。

過剰なドーパミンの生産を押さえてくれるので、統合失調症の症状に効果があるのです。

また、ドーパミンとセロトニンを両方ブロックするので――。

「SDA(セロトニン・ドーパミン拮抗薬)」

と呼ばれています。

統合失調症のイヤな症状である「幻覚」「妄想」に高い効果が期待できるのです。

また、それ以外にも、陰性症状という「無気力状態」や、認知機能の改善にも効果が期待できます。

ロナセンは、眠気や体重増加といった副作用が少ないお薬です。

特に、代謝に悪影響を与えない特徴があります。

但し、ドーパミンを過剰に遮断するので、それに関連した副作用が出やすいです。

以上がロナセンの効果です。

ロナセンについてはコチラの記事でも詳しく解説しています↓

これを踏まえて、ロナセンテープについてみていきましょう。

ロナセンテープとは?

ロナセンテープは2019年の9月に発売された、新しいタイプの統合失調症のお薬です。

このお薬は、1日1回、皮膚に貼って治療を進めます。

そうすると、皮膚に貼ったテープから有効成分が浸透していくという仕組みです。

24時間を通して、安定した血中濃度を維持できる特徴があります。

つまり、貼るだけで、良好な有効性と安全性が期待できるわけです。

テープ状のお薬であるため、貼付の有無や投薬量を確認できます。

また、食事の影響を受けにくいため、食生活が不規則な方でも対応可能。

それ以外には、経口服薬が難しい患者さんでも投与が可能になっています。

□ココがスゴイ!「ロナセンテープ」優れた5つのメリットとは?

ロナセンテープには、どんなメリットがあるのでしょうか?

ウッチー

ウッチーは主に5つのメリットがあると感じます。

それは――。

  1. アドヒアランスの可視化ができる 
  2. 最初から適切な使用量で使える 
  3. 副作用が出てもすぐに対処できる 
  4. 食事の影響を受けないからストレスが少ない 
  5. 1日1回貼るだけでいいので管理が楽

この5つです。

それぞれ1つずつ見ていきましょう。

ロナセンテープのメリット① アドヒアランスの可視化

アドヒアランスとは、患者さんが積極的に治療方針の決定に参加することです。

そして、その決定にしたがって治療を進めていきます。

同時に、このアドヒアランスの可視化という点が、ロナセンテープの最大にメリットでもあります。

ロナセンテープは貼って使うお薬です。

ですので、患者さんや家族・医療者が確実な体内への薬剤投与が確認できます。

これを服薬アドヒアランスと呼んでおり、一定の効果が期待できるのです。

テープ状のお薬であれば、貼ったか貼っていないか、確認がしやすいでしょう。

つまり、服薬アドヒアランスの正確な判断が可能になります。

正確に服薬の管理ができれば、医師の綿密な症状の評価にもつながるでしょう。

ロナセンテープのメリット② 適切な使用量

現在使用されている抗精神病薬の多くは、最初から多量にお薬を使いません。

いきなり一気に使うと、副作用も出やすいためです。

つまり、患者さんの適切な使用量になるまで、時間がかかってしまいます。

ロナセンテープには、40mg~80mgまで、3段階あるのですが、最初から40mgを貼付できます。

そうなると、2~3日後には十分な血中濃度に達するのです。

ですから、最初から治療用量の投薬が可能になります。

また、投与量の増減も、錠剤タイプのお薬に比べると、早く変更できるでしょう。

錠剤タイプのお薬から貼付剤への切り替えや、かぶれや発疹が出た時に、経口剤への切り替えも簡単できます。

ロナセンテープのメリット③ 副作用が出てもすぐに対処可能

ロナセンテープは、貼って使うお薬です。

ですので、副作用が出た時は、はがして対処することができます。

普通の錠剤タイプのお薬や、持効性注射などではこうはいきません。

一度薬剤を投与すると、その成分を体内から除去できないためです。

その点、ロナセンテープはテープをはがせば、成分が浸透しなくなるので、副作用が出た時も安心です。

ロナセンテープのメリット④ 食事の影響を受けない

テープ状のお薬は、食事の影響を受けません。

統合失調症の錠剤タイプのお薬は、食後に服薬するケースが多いです。

そうなると、食事の時間が不規則な方は、対応しにくいですよね。

また、嚥下障害がある方などで、お薬が上手く服薬できない場合でも、テープなら貼るだけなので安心です。

テープ状のお薬は、小腸や肝臓を通る時に、代謝の影響が少なくなっています。

それでいて、かなり速いスピードで有効成分が届くため、内服薬とは違ったメリットがあるのです。

ロナセンテープのメリット⑤ 管理が楽

ロナセンテープは、1日1回貼るだけでいいお薬です。

つまり、かなり管理が楽だと言えるでしょう。

24時間安定した血中濃度を維持してくれます。

統合失調症のお薬の中には、1日に3回服薬する必要があるお薬もあります。

ですが、ロナセンテープは1日1回でいいので、飲み忘れなども防げるのでオススメです。

□しっかり確認!「ロナセンテープ」のデメリット

ロナセンテープは優れたお薬の1つです。

しかしながら、注意点もあるので見ていきましょう。

ロナセンテープは貼って使うタイプのお薬です。

したがって、人によっては皮膚に炎症が起きるケースがあります。

皮膚が弱かったりすると、なかなか使えないので、これがデメリットと言えるでしょう。

ただ、貼って使うタイプのお薬なので、炎症が起きないように工夫されています。

ですが、中には炎症が出てしまう方もいらっしゃるので、その点は注意しましょう。

若干のデメリットがありますが、メリットの方がはるかに大きいので、試す価値のかる新薬と言えそうです。

□「ロナセンテープ」は高用量でも効果あり

統合失調症のお薬は、あまり高用量で使用しても効果が出ない場合があります。

ですから、症状が安定してきたら、高用量では使用しません。

しかし、お薬を維持量まで下げると、症状が再発しやすくなってしまいます。

そんな中、ロナセンテープは、高用量で使えるという点があります。

ロナセンテープの40mgと80mgでは、80mgを貼付したほうが、高い効果があったとしています。

ですので、低量を使って効果が十分ではない場合は、一時的に高用量にして、症状の安定をはかることできるのです。

但し、高用量で使用すると、副作用が出やすくなるので、この点は注意して医師の指示に従いましょう。

□テープ状のロナセンテープを使って治療を進めましょう

今回は、2019年に登場した、統合失調症のお薬「ロナセンテープ」をご紹介しました。

1日1回貼って使うお薬なので、管理がとても楽です。

また、副作用もそれほどないようなので、従来のお薬が効きにくかった人は、検討の価値があるかもしれません。

最後にまとめとして、本記事で紹介した内容を振り返っていきます。

  1. 「ロナセンテープ」とは? 
  2. 「ロナセンテープ」優れた5つのメリットとは? 
  3. 「ロナセンテープ」のデメリット 
  4. 「ロナセンテープ」は高用量でも効果あり

以上4つの内容でお届けしました。

個人的に、テープ状のお薬には注目しています。

かなり気になったお薬でしたので、こうして1つの記事にしてまとめました。

この記事が、ロナセンテープについて調べている方の参考になれば幸いです。

ロナセンについてはコチラの動画でも詳しくは解説しています↓

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました